2017年12月

 初心♡自分の位置

 2017年、多くの皆さまに大変お世話になりました。

そして2018年、また多くの皆さまと繋がり、様々な関わりを

持つことが出来ますことを大変楽しみにしております。

 新しい年は、今までの経験と反省を生かし、

また初心を大事にしながら、頑張って参りたいと思っております。

そのためには、自分の位置を知ること。

今の自分はどこにいて、どういう思いでいて、

どのようにしたいと思っているのか。

初心は、過去に何かを始めた時の気持ちだけではなく、

これからこのようにしていく!という今現在の気持ちも含みます。

過去に縛られずに、どんどん変化していっても構わないのです。

ですから、今が初心でも良いのです。

 そのために今の自分の場所を認識していることが大切。

2018年も

皆さまが

自分の場所で

自分らしく

花を咲かせることができますように・・♡

 人生のひきしめ効果は、文章の句読点と同じ

 1つの文章を長くだらだら、だらだら書くと、

書いていた本人も、何を言いたいのかが分からなく

なってきますし、もちろん、読む側にしてみたら、

余計、理解するのには困難を極め、

その文におつきあいするのが嫌になってきてしまいます。

文章には適当な「句読点」が大事なのです。

途中でポーズがあったり、句点があることで

ひきしまります。

 人生も同じ。

だらだらしていると、自分がどこに向かっているのか

分からなくなってしまいますが、そこに句読点を

打つことで、つまり、立ち止まったり、区切りをつけたり

することで、メリハリがついて、前に進みやすくなるのです。

 今年も、もう少しで終わり。

皆様の1年も様々なことがあったことと思いますが

大きな区切りになります。

この区切りがあるからこそ、また頑張ろう!

今度はこうしよう!とリセットすることが出来ます。

「。」この区点を無駄にせず、上手に接続詞をつけて、

次の年にスムーズにつなげて参りましょう。

 

 プラス感情を保つ

 もちろん人間の感情には波があり、

様々な出来事によって複雑に感情を持つわけですが、

気をつけなければいけないのは、その感情に

振り回されないようにすること。

振り回されてしまうと、本来の自分の感覚を失い、

持っている才能や力を発揮できなくなってしまいます。

 幸せだと感じるのか、不幸だと感じるのかは

起こった出来事そのものによるのではなく、

出来事をどのように受け止めたかによるのです。

感情にもエネルギーがあり、プラスに受け止めれば

より良い方向に引き上げられ、

マイナスに受け止めれば、やはり感情エネルギーは

下に下にへと引きずられてしまいます。

 ですから日頃から、自分の感情をコントロールできるように

まずは、常にニュートラルでいるように心がけること。

そこにいられれば、たとえどのような出来事が起こっても、

落ち着きや余裕を持って受け止めることができるのです。

そして、そうすればプラス感情を保つことが

可能になるわけです。

 今年も、皆さま、色々な出来事を経験されてきたことと

思います。

どのようなことも、その1つ1つに意味があり、

1つ1つが私たちに何か大切なことを教えてくれます。

その大切な経験を無駄にせず、

今も、これからも

プラスの感情を持ちながら、過ごして参りましょう。

 

 

 別れ際の印象も大事

 人は第一印象がとても大事で、第一印象によって

その後のコミュニケーションが変わってくるものです。

服装も、立ち居振る舞いも、話し方も、

トータルでの第一印象は重要。

 でも今日は、別れ際の印象も、とても大切だなと感じました。

色々な手続きでお世話になった方。

最初の印象はあまり良いとは言えない感じでしたが、

クールながらも、実はとても親切に様々なことをやって下さり、

大変お世話になりました。

そして最後の最後で、初めてニコッと。

とてもクールでしたが、最後の笑顔により

後味がとても良い感じで、帰途につくことが出来たのです。

 最初の印象と最後の印象で上手に中身をサンドイッチできれば

もちろんそれがベストですが、

きちんと責任を持ってお仕事をした上で、

別れ際の印象が良い方が、いいのかなと感じたぐらいです。

 いずれにしましても、「笑顔」は大切。

わかっているようでも、真剣になったり、

難しいことに取り組んでいる時は忘れがちですし、

対面しても、どれだけ優しい笑顔をお相手に届けられるか・・

気をつけて参りたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 邂逅(かいこう)

 今年の私の漢字は『逢』。

本当に今年は、今までになく、

色々方々にお目にかかることができ、

素晴らしい1年でした。

素敵な方々に初めてお会いしたり、

また、思いがけない久しぶりの再会も多かった年。

『邂逅』(かいこう)

このめぐり逢いは何なのかしら、と思うほど

ただ再会した、というのではなく、これからの未来へと

大きな繋がりのあるとても意味のある再会ばかり。

 そして本日は14年ぶりに、子ども達がお世話になりました

幼稚園の先生にお会いしました。

しかも、ちょうど帰省した子ども達が3人揃っていた時で

皆でお目にかかることができ、

80歳になられてもお変わりのない慈愛に満ちた佇まいに

子ども達も私も、心が洗われるようでした。

世の中に、これ程までに内面の美しい方がいらっしゃるのかしら

と思うほど、微塵の穢れもない澄んだお心に

私たちは自分自身が恥ずかしくなるぐらいです。

 子ども達にとっても、私にとっても、とても素敵な邂逅。

来年は、このように生きなさい、と言われているような

気が致します。

とてもこの先生のようにまでなることは難しいかもしれませんが

社会と関わる中で、やはり私たちが忘れていけない

思いやりを超えた、無償の愛を持つことができるよう、

心がけて参りたいと思っております。

 人と人との出逢いは、人と人とを繋ぎ

心と心を繋いでいくものです。

出逢いを大切にし、繋がりを大切にし、

これからもその出逢いに感謝しながら

謙虚な気持ちを忘れずに参りたいと思います。

 

 

 エネルギーは「出す」ものではなく「出る」もの

 何かやりたいことに向かっている時、

スムーズにうまく進んでいるのは、

エネルギーが自然に出てきているから。

無理なくエネルギーがでていれば、それがどんどん循環し、

「やりたい」と思っていることに近づいていきます。

 でも、頑張ってエネルギーを出そう!出そう!と

思っている時って、実は苦しかったり、

うまくいっていない時だったりするのです。

「行動」と「気持ち」が一致していたいとか、

全くわくわく感がないとか・・

そういう時は、無理にエネルギーを高めようとせず、

じっくりと自分の気持ちに向き合うことが大事です。

 自分の気持ちがよく分かっていないまま

行動していこうとすると、続けることが難しくなってきたり、

それ以上のことが出来なかったりします。

 エネルギーは頑張って「出す」ものではなくて

自然に「出る」「出てくる」もの。

 しっかりと自分のありかた「TO BE」を知って、

それに行動を伴わせていけると良いですね。

そうすると、エネルギーが自然に溢れ出てくるのです。

 思わぬ時に、ものになる

 好きでやっていることでも、なかなかものにならず、

焦ったり、諦めかけたりすることもあるかと思いますが、

やはり、それをやっていて心がわくわくするのであるなら、

諦めずに、少しずつでも続けることが大事なのだと、

改めて思いました。

 私の好きな武者小路実篤の「真理先生」を読んでいたら

こういうフレーズがありました。

「ものになるというのは不思議なもので、

誰も気がつかない時にものになる。

昨日でものになっていない人が、今日ものになる

ということがあり得ることを、僕は何人か見て来ました。

だから今日ものにならない人が、明日ものになるかも知れない。

明日ものにならない人が、明後日ものになるかも知れない。

ものになると決められないが、ものにならないと決められない。

絶えず勉強するもの、絶えず進歩するものは、

いつかものになると言っていいと思いますが、

いつなるかは、誰にもわからない。

思わぬ時にものになる。」

 私のカリグラフィーはなかなか練習できず、ものになるまでには

ほど遠いような気がしますが、いつか色々な文字を上手に書ける

ことを夢見て、少しずつでも続けていこうと

思っております。

皆さまはいかがですか?

まずは私は、自分のための時間を作ることからかもしれません。

諦めずに・・

 気宇(きう)

 心が温かな方、心が広い方にお会いすると

やはり、こちらの心も広く、温かくなるような気がします。

できれば自分からGive and Giveの気持ちでそのように

できると素晴らしいですが、

受けた優しさを次につなげようと心がけるだけでも

違います。

「気宇」(きう)

心の持ち方、心の広さ。

気持ちが宇宙のように広いということなのでしょう。

そういう心の余裕は、自分のためにも

周囲の方々のためにも大切です。

 目の前の狭い世界だけしか見ていないと、

どうしても余裕が生まれにくくなってしまいます。

目の前のことに集中することももちろん大事ですが、

もっともっと見る世界を広げて、心の持ち方も

広くして参りたいですね。

 皆さまの心が温まりますように・・

Merry Christmas !!

 

 お金を出せば良い・・というものではなく

 高級ブランド品を身にまとい、

高級レストランによく出かけ、

電車はいつもグリーン車で移動・・・

そのような方はいらっしゃると思いますが、

そうするためには、やはり、

普通以上の周囲への気配りが必要です。

 高級ブランドのお洋服を着たり、その品を持つためには、

外面だけでなく、内面も美しくなければいけません。

そして、そのブランドを身につけるに相応の振る舞いが

自然に出来ていなければなりません。

高級レストランでお食事をするためには、

その場の雰囲気を崩さないように、そして、

一緒にいる方とも心地よい空間を共有できるように・・

そして、電車の中ででも、同じ車両にいる方たちと

長時間同じ空間にいるためには、自分勝手な行動は論外ですが、

周囲への心配りがとても大切です。

 それが最近、「お金を出しているのだから当然・・」

という振る舞いで、周りを全然気にしていない人がたくさん

いるのはどうしてなのでしょうか。

とても残念に思います。

お金をたくさん払うということは、それに責任が

非常にともなっているということを私たちは忘れてはいけません。

 高級、普通に関わらず、どのような場でも、

そこにいる全ての人が心地よく思えるように、

1人1人がさりげなく意識できるようになるとステキですね。

 

 出した分だけ入ってくる

 くたくたの1日。

よくやり切れたと思う充実感はありますが、

本当にぐったり。

もちろん、途中でゆっくりTea timeも作れませんし、

休憩する時間も取れないので、チョコレートやおまんじゅうなど

ちょっと甘めのお菓子を頬張って、エネルギー補給をしながら

頑張っておりました。

この甘いエネルギーは私にとって、無くてはならない大切なもの

ですが、それよりも大事なもの。

それが「呼吸」、ということを改めて感じました。

とにかく「吐く」。

長くずっと、これ以上吐けないというところまで息を吐き切る。

そうすると、出した分だけ新しい酸素が入ってきます。

いわば心の浄化です。

忙しかったり、心がどんよりしている時は

特にオススメなのが「呼吸」。

一旦、左脳の動きを停止して、息を吐いてリセットするのです。

 「深呼吸」との違い、お分かりになりますか。

子どもたちが小さかった時によく聞いていたアリゴリズム体操

の歌にもありましたが、

「吸って吐くのが深呼吸、吸って吐くのが深呼吸・・♫」

深呼吸は吸うのが先なのです。

でも「呼吸法」は、吐く方が先。

吐いて「息」を整えて、「自」らの「心」を整える。

残り少ない今年の日々。

忙しくても、心落ち着かせて参りたいと思います。