2018年03月05日

 変えることができるのもと、できないもの

 与えられた状況を受け入れて、

自分自身に責任を持った時、それはうまくいきます。

文句を言ったり、不平、不満、あるいは言い訳を

連ねていると、成功は遠のきます。

そういうものなのです。

変えることができないものを受け入れるというのは、

そこに、冷静な自分、平静な心が必要。

平静な心を持つためには、いつも心に余裕のある生活を

していないといけません。

心にゆとりを持つというのは、日々慌ただしい生活の中では

難しいかもしれませんが、でも意識次第で、

それをゆとりにするか、そうでなくするかが変わってきます。

ですから、心にゆとりを持つこと。

そして、平静さを保つこと。

そして、変えることができないものを受け入れる。

その分、変えることができるものは、

どんどん変えていく勇気を持つこと。

そこに時間とエネルギーを費やすこと。

変えることができるものと、

変えることができないもの。

しっかりと見極められるようになりたいですね。

 今やりたいことがなくても大丈夫

 人生は長い旅であり、その旅の中で

色々なことに出会います。

何をやりたいのか、何が自分に合っているのか、

探し、見つける旅でもあるのです。

だから、今やりたいことが分からなくても大丈夫。

今出来ることをしっかりやっていき、

色々なことを経験してみると、その中で

自分にしっくりするものが分かってきたり、

自分のことが見えてきたりします。

焦らなくても大丈夫。

途中で何か違うと思ったら変えればよいし、

突然、何かがひらめくかもしれません。

ただ自分が心から楽しいと思えるもの

それが好きだと感じられるもの

自分の価値観に合っているもの

そういうものを大事にすること。

だから、自分を知っていくことが大切なのです。

自分探しの旅。

それが人生。

その道のりを楽しめるとよいですね。