2018年06月22日

 ありたい自分が選択する

 オーストラリアに留学中の娘。選択科目で悩んでいる様子。

興味のあるものが色々あって・・と。

でも選択しなければいけない数は決まっています。

どのようにして選んだらよいのでしょう。

何でも選択する時、出来そう、出来なさそう、でもなく、

将来役に立ちそう、そうでもなさそう、でもなく、

もちろん人に良いと言われたものだから・・でもなく、

自分自身がそれを選んだことで、どうありたいのか、

というところが重要です。

ですから、決して将来の損得や物事の難易度を基準にしないで、

将来それを身につけた自分が

思い通りの理想の自分であるかどうかが大切。

何においても、未来をイメージするって

本当に大事なのです。

そしてそれが、一番効果的なのです。

 もし、英語の勉強をしていて辛くなったとしたら、

それは目の前の難しさに直面してしまい、

そこしか見えていないから。

でも、自分が英語を使って海外の方達と自由に楽しく

お話している姿を想像したら、わくわくするはず。

それがモチベーションにもなり、継続できる鍵にも

なるのです。

少し選択するというところから話がそれてしまいましたが、

未来のありたい自分が選択するのが一番。

・・とはいうものの若い人たちは沢山悩むのも

経験のうちかな。

私は、この歳になって、選択が段々上手になってきた

ように思います。

 

 失敗とは

 誰でも失敗の経験はあります。

でも本当の失敗とは、転んでも起き上がらず

そのままでいること。

大事なのは、失敗した後の行動です。

対人だとしたら、どのように誠実に対処するか。

自分だけの問題なら、どのように解決していくか。

なるべく早く次の行動に移すことが重要なのです。

 本日も都内で、私がついている先生の元で

勉強して参りました。

どんなに素晴らしい方でも、

どんなに大きく成功している方でも、

うまくいかなかったこと、思いがけないハプニング等は

あるのです。

そのようなお話を伺いながらの、有意義な時間でした。

 どれだけ準備をしていても起こってしまうハプニング。

そういうハプニングにも落ち着いて対応できるように

するためには、日頃から情報を得て、自分の引き出しを

増やしておくこと。

そして心も頭も柔軟にしておくこと。

いつでもしなやかに動けるようにしておくこと。

本当の失敗にならないようにしたいですものね。