2018年09月02日

 学びを自分のものにする秘訣

 週末2日間、また都内で頭がパンパンになるほど、

学んで参りました。

新しいことを始める時や、

新しい学びを得ようとする時は、

とてもエネルギーが要りますし、またその分、

たくさんのエネルギーを得ることができます。

そして、自分の中で、少しでも変化が生まれたら、

それが学びの証。

その変化を求めて、私もできる限り、

学びを続けたいと思うのです。

 ただ、そのように学びを受けに行っても、

与えられたことの半分しか自分のものに出来なかったら、

費やした時間とエネルギーが無駄になってしまいます。

 講師の先生が仰っていました。

 例えば、新しいジャケットを着ようとする時、

今まで着ていたものを脱いでから着てみます。

決して着ていたものの上に更に着ようとはしません。

それと同じように、新しい学びを得る時に大事なのは、

一旦、自分の知識は脱いでおく(脇に置いておく)

ということです。

たとえ関連するようなもの、似た知識を持っていたとしても、

そこに重ねるのではなく、それは一旦忘れて、

ピュアな気持ちで受け入れることが

新しい学びを自分のものにする、そしてそれを

成功や達成に繋げる大きな秘訣なのですね。

 改めて成る程!と思い、これからも知識という上着を

脱いでは新しいもの、脱いでは新しいものを着て、

その数を増やしながら、

いつでも沢山の選択肢の中から取り出せるように

学びを深めて参りたいと思います。