2018年10月06日

 自分の心に正直に・・

 身の回りに起こることは全て必然。

無駄なものは何もありせん。

もし上手くいかないことがたとえあったとしても、

終わってしまった過去のことをあれこれ考え過ぎていたら、

その時間がとてももったいなく思います。

その悩んでいる間にも、大事な「今」がどんどん

過ぎて行ってしまっているのですから。

 大切なのは「今」の自分の心に正直になること。

そして、自分だけにしか歩めないその道を大事にすること。

起こった出来事も、出会った方たちも

何か意味があり、そのタイミングを無駄にせずにいると、

その道はひらけてくるはずです。

そして、ふとした時にチャンスが訪れ、

それをしっかり逃さずキャッチできるようにしておけば、

それまで上手くいかなかったことも生かせたり、

それを幸運にかえることができるのです。

ふとしたことをキャッチするためには

自分の心も知っておかなくてはいけません。

自分を知らないと、せっかくのことも

自分のことのように感じず、

幸運にするどころか、タイミングさえ逃してしまいます。

自分の本当の思い、心の内を確かめて、

それに正直になること。

そして他人の道でなく、

自分なりの道を歩んで参りましょう。

 

 

 

 いつもの道にも発見がある

 同じ道を通っていても、

ただただぼ〜っと何気なく歩いていれば、

いつもの道でしかありませんが、

ちょっと視点を変えてみたり、

スピードをあえて遅くしてみたり、

違う意識でそこを通ると、

思いがけない発見があったりします。

いつも通っているけれど、

こんな可愛らしいお花があったかしら。

このお店の看板はこういう文字だったのね。

この広告のキャッチコピー、とても考えられているわ。

などと、新たな発見があると嬉しくなります。

 これは、どのようなことでも同じです。

たとえば、同じ小説を何度読んでも、

視点を変えたり、その時の自分の状況、

あるいは持っている知識や経験の量で、

読み方、感じ方、得るものが変わってきます。

そこに面白さがあるのです。

歳を経ると、また違った解釈ができたりもするわけです。

 本日は都内でオペラ「カルメン」を

久しぶりに観劇しました。

演出が全く異なることもありますが、

やはり、若い時に見たものと今見るのとでは、

感じ方が異なります。

その後のパーティーで出演者の方々、そして

オーケストラの指揮者原田慶太楼さんとお話する機会があり、

さらに楽しむことが出来ました。

彼はまだ30代にして、アメリカのシンシナティ交響楽団の

アソシエイト・コンダクター。

英語を始め、フランス語、イタリア語、ドイツ語が堪能で、

今回のオペラは、彼自身がフランス語の台本を書いたのだそう。

 それもあって、今回は貴重な「カルメン」を

とても堪能しました。

同じものでも視点を変えて観ると、色々なものが

見えてきます。

それをキャッチするかしないかも、あなた次第。

いつもの道で、また違う何かを見つけられたら

嬉しいですね。