2018年10月

 完成しないところがいい。

 まだまだこれから・・という若い人も、

多くの経験を積んで、世の中のリーダーとして

成功している人も、同じようにあるのが、

可能性。

ただ、その可能性を、

自分で持っていると思うか、思わないかで、

その先の人生も大きく変わってくるのです。

 自分はこのぐらいだから・・と

最初から決めてしまっていては、いくら若くて、

これからの伸びしろがたくさんあったとしても、

伸びて行くことはありませんし、

成功者だって、もうここで自分は完成した、

と思ってそれで満足してしまったら、

あとは退化していくだけです。

 あのディズニーランドも、できた当初も

素晴らしいテーマパークで、多くの人が

感動に包まれていました。

あれから約35年経った今も、

完成することなく、進化し続けています。

そして今なお、多くの人たちに愛されている

テーマパークなのです。

 もう自分自身の力は、これで100%出した

と思ってしまったら、それまでにしかならず、

決して向上することはありません。

でも誰でも同じように持っているのは、可能性。

探求していきましょう。

使っていきましょう。

その方が、人生、楽しくなるはず♡

(今ちょっと帰省中の長男と、

今日はそんな話をしていまいた。)

 

 他人を受け入れるには・・

 良いコミュニケーションをとるためのポイントの

1つは、お相手をまずは受け入れること。

でも、お相手というのは千差万別。

だから、それが難しい!

・・のかもしれませんが、

そのためには、自分自身を知っておくこと。

これはいつもの、自分軸の話というよりは

自分を客観的に分析できるかどうか。

要するに、自分自身を俯瞰(ふかん)できるかどうか。

自分の体から抜け出して、

上から自分自身を見るわけです。

感情的になってしまっている時は特に、

自分を冷静に見ることができないと

冷静な判断ができなくなってしまいます。

お相手の様子を感じ取り、受け入れるためには

まずは自分の状態を知り、コントロールができること。

そう言う状態にすれば、

お相手のこともよく見えるし、

受け入れられるようになってきますと

信頼関係も生まれます。

そこに信頼関係が生まれれば

良いコミュニケーションをとることができるように

なるわけです。

自分を受け入れる。

自分を認める。

お相手を受け入れる。

お相手を認める。

 

 習慣になるまでワクワクと楽しむ

なりたい自分になるために

ありたい自分になるために

夢や目標が

立派な大きなものでなくたって

全然構わないと思います。

夢は思い切って大きく掲げましょう・・

と言われてもいますが、

たとえ他人から見たら

小さな夢のように見えるかもしれないものでも

もちろん、思い切って壮大なものでも

自分がその夢を考えたら

ワクワクするかどうかの方が大切です。

そしてそのワクワクのために

今何ができるかを考えて、

その行動を習慣にしてしまうこと。

習慣が変われば人生まで変わるのです。

難しいのは、習慣化。

ですから、それが習慣になるまでも

しっかり楽しんで味わえるようにできると良いですね。

いつも夢が実現した時のことをイメージして

ワクワクしても良いですし、

夢を持つ仲間と語り合うのも1つ。

それぞれが認め合い、尊重し合い

応援し合い、支え合い・・

そういう仲間がいると

本当に夢が実現するような気がします。

 この週末はまた、たくさんの学びを得て、

ともに学んだお仲間達のエネルギーを受けながら、

かなり自分自身のステートを高めることができました。

時々そのエネルギーを思い出しながら、

日々の生活の中で生かして習慣化できるように

楽しめたらいいなと思います。

ありたい自分になるために・・。

 他人と比べないで、昨日の自分と比べる

 何もしないで現状のままなら

もしかして楽なのかもしれない・・と思うほど

やればやるほど、足りない自分に気づきます。

知れば知るほど、知らない自分にも気づきます。

ある山に登ってみようと挑戦して、

頑張って登ってみて、ようやく到達したと思うと

目の前に次の山が見えて来るのです。

登らなければ見えることのなかった山。

もう今のままで十分と思っていたら、

目に入ることがなかった山。

でも登ったことで新たな山が見えてくると、

自分はまだまだなのだわ〜と思ったり、

知らないことが山ほどあるわ・・

と思ったりするわけです。

でも、それは成長している証しでもあり、

他の人がどの山を登ったとか、

周りの人たちが山のどのぐらいまで登ったのかを

自分と比べるのではなく、

大事なのは、今日の自分は、昨日の自分よりも

少し進んだと、実感すること。

まだまだ自分が成長できることを喜び、

成長し続けることを楽しむことができれば

人生がとても充実したものになってきます。

 本当に一生、学びだなと思います。

そして、学べることは幸せなことだなとも思います。

 今日もたくさんの気づきがありました。

相変わらず、自分の足りなさも改めて認識したのですが、

それと同時に新たな学びも、勿論たくさんありました。

一緒に学ぶ仲間からも

たくさんのエネルギーを頂きました。 

 昨日の私より、今日の私。

今日の私より、明日の私。

明日も頑張ります!

 

 

 

 

 “はすの花”に見る日本の心

 明日土曜日に、いわき市内の外国出身者による

日本語スピーチコンテストが行われます。

時々ブログに登場する私が日本語指導をしている

フィリピン出身の女性が初めてコンテストに

参加することになりました。

そこでこの1ヶ月、原稿を考えたり、読む練習や

話す練習を行なっていましたが、

私は週に一度、限られた時間でしかできないので、

彼女の周りの方もずい分助けて下さったようで、

とても有り難く思いました。

 彼女は本当に心がきれいで、いつも様々な

お話をすると、ふたりで涙を流すこともよくあります。

日本に来て、苦労することもたくさんありました。

それでもいつも、大変なこと、マイナスのことばかりに

目を向けず、泣きながらも、いつも、良いところ、

素敵なところを探して、どんなに小さなことでも、

それを心から評価し、日本の良さ、日本人の素晴らしさを

認める心の美しさを持っている彼女は、

今回スピーチでも、日本人の素晴らしい心を

“はすの花”と結びつけて伝えます。

まだ内容を言うことはできませんが、

彼女の心の奥から湧く思いが、

多少日本語がたどたどしくても、

彼女の口から出る言葉に乗って、

会場の皆さまに伝わるといいなと思います。

 本当に本当に残念なことに、

どうしても私は当日、彼女のスピーチ、

そして他の方々のスピーチを聴きに行くことが

できないのですが、

素敵な1日になりますように・・。

 

 

 

 おもてなしの心

 本日、社団医療法人養生会かしま病院主催の

接遇特別講演会に行って参りました。

数ヶ月前にお声をかけて頂いてから、

とても楽しみにしていましたこの日。

「いのちの現場とおもてなしの心

  〜医療従事者における接遇とは〜」

と題してご講演されましたのは、

元リッツ・カールトン日本支社長でいらっしゃる

高野登先生です。

私は以前から、何冊もご著書を拝読しておりましたが、

まさか直接お目にかかれる日が来るとは

夢にも思っておりませんでしたので、感激!!!

 サービスとおもてなしの違い。

そして一期一会のためにできること。

お相手のために想いを届け続けるにはどうしたらよいか。

そのために、自分の人生を自分で作っていく大切さ。

リーダーとして、関わる人の可能性に気づけるアンテナを持ち、

それを生かせるような場を作ること。

想像力を高めて、お相手のために行動できる想像力を磨き、

おもてなしの心を行動として形にすることこそ、

どのような時代が来ても、人間にしかできないことであり、

大事にしなくてはいけないことなど、

とても深く濃い内容のお話で、全てが心に響きました。

 細かくは書ききれないのが残念ですが、

心の筋肉、感性の筋肉を鍛え、

一生をかけて人格を磨いていくのが「仕事」であり、

その働くという崇高なものに、

おもてなしの心が育まれていく。

どの分野でも、共通して言えることだと思います。

素敵ですね。

 感謝すると願いが叶う!?

 私は、月や星について全く詳しくありませんが、

新月の時にはお願いを、満月の時には感謝の気持ちを

ノートに書くようにはしています。

月を眺めるだけで、

何だか心が浄化されるような気持ちになったり、

古来から人々は月を愛でるという風習があり、

満月には、自然への感謝の気持ちを表すことも

してきました。

それだけ、月にはエネルギーがあるのですね。

ですから、新月には願い、満月には感謝するという

ワンセットを大事にすると、

願いが叶うと言われています。

願いっぱなしでもダメですし、

まだ叶っていないのに感謝はできない、

という思いがあったとしたら、

ちょっと考え方を変えてみましょう。

 今、与えられているもの、

今あるものに、感謝するのです。

願いが叶ったら感謝するのではなく、

「感謝すると願う」のです。

 そしてさらに、今年11月は、

太陽系最大のラッキースター木星が、

もっともパワーを発揮できる射手座に移動するのだそう。

そのため、この1年は、

あらゆることが拡大するといいます。

12年に1度のことなのですって!

明日はその前の最後の満月。

 私は今日は事務仕事から始まり、

テーブルコーディネートレッスンに英語レッスン、

充実した1日を送ることができ感謝いたします。

伝えるだけでなく、得ることも多い日々に

感謝いたします。

他にも感謝することはたくさん。

ないものでなく、あるものに目を向けると

感謝することでいっぱいです。

あなたは何に感謝しますか?

 

 信頼関係を築くには

 人は誰でも、認めてもらいたい、

価値のある存在だと思ってもらいたい、

という欲求があります。

本来ならば、自分自身のことも、価値ある存在だと

思いたいはずなのに、実際はなかなか

自分の自己重要感が満たされないまま

過ごしている方も多いはず。

でも、そうすると、他の人を認めたり、

自己重要感を満たしてあげる余裕がなくなって

しまいます。

ですから、まずは、自分自身を満たし、

余裕を持つことが大切です。

 どのような人も、皆それぞれ良いところがあり、

すごいところがある、唯一無二の存在です。

他と比べたり、自分で勝手に基準を作ってしまって、

そこに到底及ばない自分を卑下してしまうのは、

もったいないことです。

基準は自分自身。

どのような小さなことでも、

他人と比べるのではないのですから、

自分の良いところを認め、

そしていっぱい満たし、今度は、周りの人たちに

興味、関心を持って、 上司と部下、同僚同士、

教師と生徒、親子など、様々な間柄において、

しっかりと信頼関係を作って参りましょう。

 信頼関係を築くには、様々な方法があります。

でも、まずは自分の自己重要感をみ満たす。

結局はそこに行きつくような気がします。

 

 

「目標の理由」は、はっきりさせる

 人生設計をしたり、

人生で手に入れたいこと、成し遂げたいことなど

目標設定をするならば、

できるだけ具体的にすることが大事です。

例えば、「幸せになる」だと、あまりにも曖昧。

経済的に豊かになりたいのか、

心が豊かになりたいのか、

お仕事で成功したいのか、

家庭円満でいたいのか・・・。

そして、それは、どのぐらいの豊かさが欲しいのか、

どのように成功したいのか、

どういう形で、円満でいたいのか・・・。

具体的であればあるほど、

それに向けて行動しやすくなってきます。

そして、大きな目標から、

今すぐ取りかかれる小さな目標まで立てれば、

達成できる可能性も高まります。

 でも、忘れてはいけないのが、

その「目標の理由」をしっかり、はっきりさせること。

どうして自分は、その掲げている目標を達成したいのか。

その理由さえはっきりしていれば、

たとえ、途中でうまくいかなくなったとしても、

しっかりとした動機づけにより、

また、努力していくことができます。

たとえ、進む道がそれてしまったとしても、

また、元の道に戻ることもできるのです。

「目標の理由」をもう一度、自分自身で確かめて、

はっきりさせてみて下さいね。

 

 

「笑い」の効果は素晴らしい!

 「笑う門には福来たる」と昔から言われて

いますので、「笑う」というのはとても大事

だということは、誰もが知っていることです。

先日、笑顔や口角を上げる効果については

お伝えいたしましたが、笑顔というのは、

「笑う」ということと少し異なるようです。

 本日、福島県立医大疫学教授の大平哲也先生の

ご講演を「笑い」と健康、疾病との関係、

「笑い」の効果などを「笑いヨガ」も体験しながら、

とても楽しく伺いました。

 「笑い」の定義というのは考えたことが

ありませんでしたが、笑顔と違いますのは、

嬉しいとか面白いと感じるだけでなく、

それに対する身体的反応、行動と発声がある

ことなのだそうです。

その「笑い」によって、免疫細胞の1つである

ナチュラルキラー細胞活性を高める働きがあり、

疾病に対する様々な効果、長生きできる、

ストレス緩和など、研究結果によって証明されている

ということをお聞きし、改めて、声に出して笑う

というのは、私たちの身体にとって、とても

大切なことなのだと改めて感じました。

 また、とても興味深いお話としましては、

「天照大神(アマテラスオオミカミ)」のお話。

天照大神が、天の岩戸に隠れてしまい、

世界が暗闇になった時、

「天細女命(アメノウズメノミコト)が

奇妙な踊りを披露して、周りにいた八百万の神々を

大笑いさせたら、天照大神が外にでるようになった

ということす。

「笑い」が日本最古のひきこもりを治した!という

例だそうです。

「笑い」というのは、嬉しいからとか面白いから

笑うだけでなく、形だけでも笑うと、

同じように効果があるようですので、

とりあえず声に出して(ここはポイント!)

1日に何度も笑ってみるということが大切。

これは即実践ですね。