2019年01月12日

 自分のスイッチをたくさん用意しておく

 誰にでも、どうしてもやる気が起きない時とか

集中力が出ない時とか、何となくテンションが

上がらない時はあります。

やらなくてはいけないことを目の前に

山積みにしているにも関わらず・・・

楽しい予定も待っているにも関わらず・・・

とは言っても人間ですから、いつもテンション

MAXではいられないわけです。

そのために・・・

大した理由もないのに気分が下がるという時に、

自分がとっても癒されたり、

豊かな気持ちになったり、

全てを忘れて笑えるというようなスイッチを

日頃からたくさん持っていると、

段々、気分を変えることが出来てきます。

 何と言っても、自分のとびきり好きなもの、

好きな事柄、わくわくする何かを用意しておくこと。

映画でも、本でも、雑誌でも、小物でも、

外出することでも、何でもOK。

ただぼ〜っと、どうしてこんなにやる気が起きない

のかしら、と考えていたり、何となくちょっと

気分転換をしてみようかしら、と中途半端な気分で

いるよりも、予めわくわくスイッチがたくさんあれば、

すぐに気持ちが戻ってくるはずです。

 空気の流れ、気の流れを変えられる

自分のオリジナルわくわくスイッチ。

いくつありますか?

 自分の本心を知る

 本当はどうしたいのか。

本当は何をやりたいのか。

本当はどういう自分でありたいのか。

自分の心の中の「本当は・・」という部分を

あえて避けていたり、あるいは

忙しい日々を送っていて、

「本当は・・」ということを考える暇も

ないぐらいではありませんか。

妥協しながらやっているのも、

損得を考えながらやっているのも、

他人の目をきにしてやっているのも、

全て自分の本心に背いていること。

やはり大事なのは、自分の本当の心の声に従い、

自分の気持ちに正直になることです。

 ですからまずは、本心を知る。

静かなところで、ゆったりと自分自身に向き合い

ありたい自分のその心の内を

しっかりと確認してみましょう。