2019年02月02日

 特別な人になろうとしなくても・・

 能力がある人は、何でも自分でやろうとし、

それが社会的大きな自立だと考えている場合も

あるかもしれませんが、

人は、全てをやることはできず、食べ物にしても

生産の方々が汗水垂らして、収穫するまで育て、

世に出ているものを、私たちがいただき、

着るものも、自分で全てを作っているわけではなく

縫製から販売まで多くの人の手にかかってから

自分のところにあるのです。

 身の回りのものを見てみても、

生活スタイルを改めて見てみても、

自分の1人の力なんて、たかが知れていますね。

ですから、他人の助けをどんどん借りて、

昨日より今日、今日より明日。

少しずつでもより良くなっていることを

実感できることが大切です。

 輝いている人たちを見て、

羨ましくならず、

特別な人になろうとはせず、

困った時は自分1人で何とかしようとするのではなく、

お互い助け合いながらその道を探していけばよいのです。

 

「自分1人でやるよりも

他人の助けを借りるほうが、

よりよい仕事ができると、悟った時

ひとは偉大なる成長を遂げる。」

By アンドリュー・カーネギー