2019年07月17日

 雲を耕し月に種まく

 17日は満月。

でも梅雨も明けず、すっきりしないお天気が

続いておりますので、残念ながら夜に満月が

綺麗に顔を出すのかは、わかりませんね。

「耕雲種月」(こううんしゅげつ)という

禅の言葉があります。

雲を耕すってどういうことでしょう。

月に種をまく、などということができるのでしょうか。

普通はできませんよね。

でも、本当にそれができたら素敵。

他の人ができないと思っていることでも、

諦めずに努力を続けていけば、

結果につながるかもしれません。

何をするにも合理主義的な意見があったり、

難しいように思われることでも、

目標に向かって進んでいく姿は素晴らしいのです。

ですから、そのためには、まずは

しっかりとした信念をもつこと。

他人に惑わされない、そして

自分で責任を持てる選択と決断ができるよう

自分自身の軸を持つことがとても大切です。

 本日はある方から、とても素敵な夢を

伺いました。

今まで頭の中だけで温めていた構想を

具体的に形にしていくためには、

すぐに結果がでなくても、努力し続けていく

決意と行動力も必要です。

 でもやはり、雲を耕し月に種をまき、

素敵な芽が出ることを考えればわくわくします。

そのわくわく感も大事。

そこから何かが生まれるのですから。。。