2019年07月23日

「これが絶対」というものでなくていい

 自分の天職は何だろう。

本当に自分のやりたいことは何だろう。

自分とは何だろう。

自分らしくって何だろう。

問いかければ問いかけるほど、

分からなくなる時は誰にでもあります。

そのため、自分の価値観、自分が大切にしているもの、

ありたい自分を書き出して、明確にすることは

とても有効であるというのは時々お伝えしていますが、

そのようにして、本当の自分の心に寄り添えるように

なってきても、自分にとって真の幸せな生き方が

すぐには見つからなかったり、もやもやとする

時期がある場合もあるものです。

 でもそれでも良いと思うのです。

はっきりと、これが絶対私の答えだ、

というものがなくても、何となくこうだと思う、

というところから始まって、行動してみて、

ちょっと自分にはしっくりこないような気がする

と感じれば、軌道修正をして、もう一度

自分自身に問いかけてみたりしながら、

しっくりする生き方、しっくりする環境を

見つけていけば良いのです。

 最初から、これだ!というものが見つかれば、

それはラッキーですが、そうではないことも意外と多く、

柔軟な気持ちでいることの方が大事。

時代は流れ、環境も変化し、関わる人たちが

変わってきたり、そして自分自身も様々な経験とともに

歳を重ねているのですから、その時その時の

自分らしさを確認しながら、進んでいけると良いですね。

 私もまた、色々と見直し、問い直しをしながら、

自分探しをしています。

 マイナスのスパイラルを断つには

 数日前「マイナスのスパイラルからプラスの

スパイラルへ」ということを書きましたが、

プラスのスパイラルにする前に、

まずマイナスのスパイラルを断つ、というのも

必要だったりします。

その時の感情、状況に応じてできることと、

できないことがあると思いますが、そのためにも

自分なりのいつくかの方法を持っているとよいですね。

 1つ、発散する方法というのがありますが、

これはマイナス感情を大きく伴い、負の言葉

例えば「最悪〜。」「ムカつく!」などという

言葉で発散しようとする方法はあまりよくありません。

そのような言葉を重ねれば、当然負のエネルギーも

増大させますし、その波動が結局は自分に戻って

きますので、言葉選びは、

気をつけなくてはいけません。

 さて、前置きが長くなりましたが、

マイナスのスパイラルを断つ方法は、

行動パターンを変えてみること。

具体的には、いつもと違う道を通ってみるとか、

いつもと違う方から靴を履いてみるとか、

いつものパターン化したことを

ちょっと違うようにやってみることです。

マイナスのスパイラルになった時というのは

特に同じ言動をしがちで、パターン化していますので、

このようにふと頭の使い方を変えると、

気持ちも変わってくるのでおすすめです。

私たちは誰もがいつもプラスのエネルギーで

いられるということはなく、

マイナスの感情を持った時や

マイナスのパターンが見えた時にどのように

対処したらよいのかということを知っている

ということが大切ですね。

そうすると、うまくいかないことがあっても

壁にぶつかっても、自分の力で乗り越えていくことが

できるのです。