2019年08月15日

 ゴールが無いと道に迷う

 知らない場所、初めての場所に行っても、

目的地が定まっていれば、人に道を聞くことも

できますし、地図を見ながら、目指す方向を

知ることもできます。

たとえ、それが回り道だとしても、

ゴールさえ分かっていれば、必ずそこに

たどり着くことができるのです。

ゴールがあるから、少しずつでも、

前に向かって自分のペースで歩めます。

 今日のゴールは何でしょう。

今月、達成したいゴールはどの位置でしょう。

そして今考える人生のゴールは、

どのような自分でいることでしょう。

時々立ち止まって、見直したり、

新たに考えてみるのも良いですね。

ゴールは、その時の状況、環境、自分の思いによって、

変化していっても全く問題はなく、

だからこそ、道を見失わないように、

今現在の位置と、目指すところを確認することが

大事なのです。

 お盆休みでいらっしゃる方は、

いつもと違う時間の流れの中で、

ゆっくり思いを巡らせるのも良いかもしれません。

気持ちがゆったりとした時は、

潜在意識にアクセスしやすいので、思いがけず、

自分の本当の思いがポンと出てきたり、

ふっと何かが閃いたりする良いチャンスです。

私も今、あれこれと今後のことを思いのままに

感じています。

 

 

「思い」の力を信じよう

 強い「思い」は必ず何かを変えていきます。

「思い」が強ければ強いほど、

自分の動く力も強くなり、

何かあるものに向けて行動するようになるからです。

そして未来への期待、将来の夢への「思い」は

漠然としているより、はっきりとした方が

より良いのは、行動と結びつきやすいからです。

 変化をおそれず、

チャンスをのがさず、

自分のその強い「思い」の力を信じてみましょう。

自分があまり信じていなければ、

他人が信じて思いに賛同、協力、してくれる

ことはありません。

自分がその思いや可能性を信じて初めて

ようやく、周りがそれらを理解するかどうかの

ボーダーラインに立つことができるのです。

最初から、しっかり理解してもらうのは

難しいかもしれませんが、

まずは自分が信じること。

その「思い」の力は無限大であることを

心の底から信じてみましょう。

そうすれば、必ず、道はひらけます。