2019年08月30日

 まわりの言葉はあくまでもアドバイス

 家族や友人、その他周りの方たちの言葉に全く

耳を傾けようとしない頑固さは、あまり良いとは

言えませんが、その周囲の言葉に惑わされて、

ふらふらと揺れてしまうと、それはそれで

自分の進む道が分からなくなってしまいます。

 私たちそれぞれの進む道というのは、

「目の前にある」とある禅師も仰っていたそうです。

でも、周りから、もっと良い方法がある、とか

それは無理でしょ、もっと良く考えてみて・・

などと言われてしまうと、

やめようかな、自分には向いていないのかな、

と自分のやっていること、あるいはこれから

やろうとしていることに対しての自信がブレて

道に迷ってしまうのですよね。

 やはり大事なのは、しなやかな軸。

周りの言葉はあくまでもアドバイスだと捉えて、

決定するのも、決断するのも、自分自身。

そして、進んでいくのは、目の前に見える

未来へと続く自分で決めた自分の道なのです。

 道を歩む時は、寄り道しても

途中でアドバイスを頂いても、

その道にちゃんと戻ってこられる信念を

持ちましょう。

そしてブレずにいられる自分を信じる力を

持ちましょう。

自分を信じる力は、しっかり前に進むための

大きなエネルギーになるはずです。

 

 

 周りの力を借りて、自分の出来ることを高めていく

 とても有意義な1日でした。

まずは、3年以上ぶりの友人に久しぶりにお会いし、

(直接のお付き合いの期間は短いのですが、

期間の長短は関係ないですね。今回、彼女のお仕事の

計画の件でお声をかけて頂き、とても嬉しい再会でした。)

彼女のエネルギーと活躍の場の広さ(世界レベルです)に

改めて感動しながら、色々とお話をすることが出来ました。

微力ながら私でお役に立てることがあれば、本当に

嬉しいことだと思い、もっともっと感性も高めていこう、

と感じているところです。

 そして午後は場所を移動して、NLPの自主勉強会。

私は遠方ということもあり、なかなかこの勉強会に

参加することが出来ないので、今日は私の予定に合わせて

セッティングして頂き、本当にお仲間の皆さまに感謝する

とともに、数時間で多くの学びを得られたことが

嬉しくて、嬉しくて・・。

1人で勉強するのも良いのですが、このように

皆で共有することで、たくさんの気づきがあり、

教えて頂くことが出来るのです。

 時々、今の自分には何が出来て、何が出来ないのかを

考えることも必要なのだと思います。

勉強でしたら、自分は何が分からないのか、出来ないのか、

ということを知って、そこを伸ばしたり、深めていく。

お仕事や、何かに取り組む時も、現時点の自分に出来る

ことや可能性を知り、そしてより高めて行く努力をする。

そのためには、自分で一生懸命に頑張ることも大事かも

しれませんが、時には、周りの力をお借りして、学ばせて

頂きながら、向上していけるようにするのも

大切なことだと、改めて思いました。

 どうやっても、往復いわきー東京間往復5時間は

かなり掛かってしまいますが、疲れを上回る充実感を

味わうことができた1日でした。