2019年09月03日

 話を聞いてもらえることに感謝する

 私たちは普通、何かをやって頂いた時とか、

単純に何か品物を頂いた時に、「ありがとう。」と

お相手に感謝をいたしますが、

どなたかとお話しをしている時はいかがでしょうか。

ん? 何に対して?? 

とお思いになったかたもいらしゃるかもしれませんね。

 私たち、どのような人にも同じように時間が

流れていて、その中で、どなたかたと

コミュニケーションをとっている時は、お相手の

人生の時間の一部を自分に使って頂いているのだ、

ということを日頃から意識していることが大切なのです。

ですから、その時間を頂いていることに

いつも感謝をしていなければなりません。

 感謝する意識があれば、その時間をけっして

無駄にはしようとせず、伝えたいことに責任をもち、

言葉の選び方も自然と気をつけるようになると思うのです。

的を射ず、だらだらと自分の話ばかりすることは

もちろん避けたいですし、お相手のお話を聞くということにも

きちんと向き合えるはずです。

 気持ちよくお相手に話を聞いて頂けるように、

聞いて下さっている方に感謝しながら、その方の反応も

見て、感じて、話を進めることが大事ですね。

 その時間に感謝する。

聞いて頂くことを当たり前だと思わず、

お相手に感謝。

心地よいコミュニケーションの秘訣の1つです。