2019年09月11日

 執着心は求めているものを遠ざけてしまう

 アメリカの同時多発テロ9・11からもう18年が

経つのですね。その時の映像などを見ると、今でも

胸が痛みます。

世界の平和を誰もが願っているはずなのに、戦争や

テロが絶えないのは、逆に皆が生きることに必死だと

いうことなのでしょうか。

 日常でも、自分で自分を幸せにすることができず、

誰かに求めることばかりが多くなると、それが思うように

手に入らなくて、より幸せは逃げていくものなのです。

執着心も、求めているものを更に遠ざけてしまいます。

不運が続いたり、自分は不幸だた感じてしまった時、

意識的にその自分の心をニュートラルにしていかないと、

人間というのは、無意識に、どんどんどんどん、

負の方にフォーカスしてしまうものです。

フォーカスしたことは更にそれを引き寄せてしまうので、

スルーして、そのエネルギーを他の人のことを想う方に

向けられると良いですね。

誰かにやってほしいと求めるのではなく、

誰かのために、自分は何ができるのか、

誰かに喜んでもらうために、何ができるのか、

他の人の幸せのために、何ができるのか。

大きなことをしなくても、小さな祈りでも良いのです。

 執着心というのは自分のためだけの強いとらわれ。

その執着は思い切って手放して、周りの幸せを願えると、

いつの間にかセルフイメージも高まって、

小さな幸せを自分でつかめるようになってくるはずです。

 一人一人が周りを思いやり、他の人の幸せを祈りながら、

一人一人がそれぞれ小さな幸せを自分で持つことができれば、

世の中全体が幸せになるのに・・と願うばかりです。