2019年09月29日

「やめたいことリスト」を作ってみる

 今日は新月ですし、お願いごとや、やりたいことを

リストアップされた方もいらっしゃることと思います。

でも、新月でなくても「やることリスト」を作ったり、

もちろん「やりたいことリスト」は、夢実現のためには

いつでも、どこでも書き出すのが一番です。

 では、「やめたいことリスト」はどうでしょう。

皆さま、書いたことはありますか?

「あ〜本当は、これは手放したいな。」とか、

「これをやっていて思うようにいかないから、

思い切ってやめたい。」とか、「やめたいけれど

やめられない。。でもやめないと・・・。」などと

頭の中では考えている場合もあるかもしれません。

それを、リストアップするのです。

・夜更かし

・甘いものの食べ過ぎ

・ネットサーフィン

・衝動買い

・ダラダラ見るテレビ

・お部屋を散らかすこと

などなど・・。

でも今までやめられなかったから、

ここまできてしまったのでしょうけれど、

これをやめた時に、何を手に入れることができるのか、

ということを考えてみると、視点が変わるはずです。

例えば、上の例から見ると・・

夜更かしや甘いものを食べ過ぎたりしなければ「健康」を。

ネットサーフィンやテレビを控えれば「時間」を。

衝動買いをやめれば「お金」を。

お部屋を散らかさなければ「心地よい空間」を

手に入れることができますね。

そして、それらを手に入れることができたら、

今度はそのエネルギーを

「やりたいこと」に回すことができるのです。

「やめたいことリスト」に書いたことを

もしやめたら、手に入れられるもの、そして

自分がどのような状態になって、

どのような気持ちでいるか、ということまで考え、

イメージして感じることも大事だと思います。

そうすると「やめてもいいな」という気分になるはず。

「やりたいことリスト」と同じように

「やめたいことリスト」も改めて自分自身を見直すには

効果的なのです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

〜心が前に動き出す365日の言葉の花束〜

 

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 リラックスする時間を持つ

 時々、自分のブログを読み返したり、

この度出版いたしました本【 夢の音読 】に

入っている文章を読んでみますと、自分の文章であるにも

関わらず、他の方から言われたような気持ちになって、

「そうよね〜」「そうよね〜」と思うことがあります。

また、会社を経営している友人が、

社内の朝礼で、必ず【 夢の音読 】のその日の

メッセージを言って下さっているようで大変嬉しく、

それを私にも伝えて下さるので、それもまた

新たな言葉との出会いのような気もして

ありがたく思っております。

 そのような時、2日前のメッセージの中に、

「自分に制限をかけたり、枠にはめたりしないで時には

心と体をゆるめてリラックス。」

そして、本日のメッセージの中に、

「物事をうまくやるためにも、世の中や人のために

尽くすときも、まずは自分自身を喜ばせる。」

というのがありました。

まさに今、私に必要なのは、これ。

余裕がなくて、何かがぬけてしまったり、 

忘れてしまうことがないように、リラックスさせて、

自分自身を喜ばせることがとても重要だとつくづく

思いました。

そうしましたら、本日参加しましたお勉強会で、

ご登壇の先生が、

「リラックスする時間を作りましょう。」と。

先生がライフスタイルの中で、哲学とまで考えて

いらっしゃるいくつかの項目の中んの1つがそれでした。

もう絶対に必要なことですね。

明日は少し自分のための時間を少しでも作ろうと思います。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す365日の言葉の花束〜

書店・Amazonにてが発売中!

Amazonはこちらから→