2019年10月07日

 幸せか不幸せかは意識の向け方による

 日々、生活の中で様々なことが起きますが、

いつでもどこに意識を向けているのかで、

幸せなのか、不幸せなのか、大きな違いができてきます。

いつも、喜びや心地よさに意識が向いていますか?

それとも、怒りや憎しみ、妬みなどの感情、

ネガティブな思考に囚われたままでしょうか。

 常に幸せだ、幸運だと感じている方は、

たとえ不運なことが起こったとしても、

必ずそれを学びに変え、その中からも

小さな幸せを見つけ出します。

 でも、自分は不幸せだと思っている方は、

どうしても不平不満が絶えないため、結局は

不運が不運を呼んでしまいます。

決して幸せな人には幸運なことしか起こらない

というわけではないのです。

日々の思考の習慣から、小さな幸せを見つけることができ、

小さな幸せを大きく喜べるのです。

 たとえ大変な病気を患ってしまっても、

その苦しさや辛さの中でも、生きている喜び、

1人ではないという周りへの感謝の気持ちに溢れていて、

前向きに幸せを感じながら生活していくことができる方

というのはとても素敵ですね。

 また、たとえ思い込みにより、大きな失敗をしたとしても、

そこから教訓を得て、もっと最悪な事態が起きたかもしれなかった

ところを現状で済んだことを幸運に感じることができると、

やはり、そのような方には本当の幸せが訪れます。

 日々の意識の向け方で、脳が自分が幸せか不幸せかを

判断してしまうだけのこと。

いつも愚痴ばかりで不幸ばかりを拾ってしまったら

人生、もったいないことですものね。

 社会的地位もあって、とてもきちんとしていらしても

失敗をされることもあるのですから、

粗忽者の私のいつもの失敗は仕方がないかな・・と

感じながら、ある方の、その後のポジティブな捉え方は

さすがだなと今日も思いました。

人間的に素敵な方なので、いつも色々と教えて頂きます。

ありがとうございます。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

全国書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 まずは与える

 あれして欲しい、これして欲しい・・と

欲しい欲しいだけの方がたまにいらっしゃいますが、

どうしてでしょう。

これでは、周りの人たちも離れて行ってしまいますね。

それが言えるのは子どもだけ。

でも、子どもでさえ、その願望はなかなか手に入らない

ものです。大人は特に、あれして欲しいと言う前に、

まずは自分から与える姿勢でいることが大切です。

 人から応援されたいと思ったら、

まずは自分から周りを応援すること。

人に優しくしてもらいたいと思ったら、

まずは自分から優しさを与えること。

人から愛されたいと思ったら、

自分から先に愛すること。

まず自分から先に与える姿勢であれば、

いずれ巡り巡って、それを受け取ることになるはずです。

そして、見返りは求めず、純真な心でいるのが一番。

先に与える喜びを味わえば、

先に受け取りたいという気持ちは薄れるはず。

でも、先に与える気持ち、姿勢でいるためには

自分自身が満たされていないと苦しくなってしまいます。

自分で自分を満たすこと。

小さな幸せでも、小さな喜びでも、何でも良いので、

自分の心を満たすようにしてから、

周りにどんどん優しさや愛を注ぎましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→