2019年10月11日

 小さい頃好きだったことが今につながる 

 今、好きなことが見つからない、とか、

夢を持つことができない、という方もいらっしゃるかも

しれませんが、そういう時は、ぜひ、小さい頃のことを

思い出してみることをお勧めします。

幼稚園生、小学生の時、何が好きだったかしら?

どのようなことに夢中になれたかしら?と

懐かしさも込めて思い出しますと、

意外と今でも出来ることだったり、それに関係することで

好きなことを見つけることが出来たりします。

 私の場合は結果論ですが、

小さい頃から日記や文章を書くのが大好きで、

小学校4年生の時は、担任の先生がとても熱心に

見て下さいましたので、1日も欠かさず書いていた

という経験から、今でも書くことがとても好きで、

毎日ブログを欠かさず書いたり、本を書くことが

出来たのかな、と思っております。

スポーツにしてもそうですし、今、「コミュニケーション」

ということを軸にしながら、その大切さを伝えるように

頑張っておりますが、そういえば、大学の時の

卒論のテーマも「異文化間コミュニケーション」だったわ、

とふと思い出したりもします。

また、今回の拙著のタイトルが『夢の音読』ですが、

私、小学生の時、「音読」が大好きだったのです。

国語の教科書を途中で引っかかったりしないように

何度も何度も読んで、気がついたら全て覚えてしまった、

というぐらい音読をしていました。

色々なことがつながっているな、と今にして思うのです。

 本日は初体験!いわきFMで収録をして参りました。

[いわきスターカフェ]という番組で、

  本放送 11月4日(月) 午前9:30〜10:00

  再放送 11月5日(火) 午前6:00〜6:30

  本放送 11月11日(月) 午前9:30〜10:00

  再放送 11月12日(火) 午前6:00〜6:30

2回に渡って私のことについて、お話させて頂いております。

パーソナリティーの木川義子さんが、とても素敵で、

上手に聞いて下さいましたので、なかなか自分のことを

話すのは得意でない私も、色々と話して参りました。

その中で、昔を振り返り、今とつながっているということも

改めて確認できたりして、とても有意義な時間でした。

 また、私は実は小学生の時、放送委員の仕事がとても

好きでしたし、大学生の頃はアナウンサーになりたい、

なんて思っておりましたので、このラジオ収録が

思いがけず、とっても楽しいひとときになりました。

 でも、放送はこっそり1人で聴きたい思いが半分、

皆さまにも聴いて頂きたいという思いが半分な私です。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

 

全国書店・Amazonにて発売中!

Amazonはこちらから→