2019年10月17日

 若さのエネルギー

 被災地に皆さまからの物資をお届けする場所は

我が家から、そう遠くは離れておりませんが、

いつも渋滞。

ところによっては、5㎞、10㎞のスピードで

ノロノロと走っております。

でも、普通の乗用車にお水などの重いものも載せて

大量に運ぶので、ゆっくりぐらいが

私にとっては、ちょうど良いのかもしれません。

 その途中、とくに夕方は、被災地方面から

歩いて戻ってくる、中学生や、高校生のグループを

見かけます。

みんな大きなリュックを背負い、

そして泥だらけです。

あ〜〜みんな、ボランティアで沢山お手伝い

してきた帰りなんだなあ〜と思うと、

とても心が温まります。

そして、若いエネルギーって素敵だなあ〜と感じます。

そういう若い子たちのエネルギーは強力で、

物理的なパワーだけではなく、

周りの大人たちを笑顔にしてくれるのですから。

手が足りないところで、どれだけ助かることか・・。

いわき市でもボランティアセンターができたようですが、

本格的な活動はこれからです。

この1週間は、こういう地元の学生さんたちが

率先して動いてくれて、

きっと皆さん、喜ばれていたことと思います。

復旧はまだまだこれからですね。

でも、これからも若さのエネルギーが色々なところで

役立つことでしょう。頼もしいですね。

 浄水所の復旧は、あと1週間、少なくとも

今月中には・・ということが発表されました。

あと1週間も! と捉えるか

あと1週間で! と捉えるかで

心持ちもずいぶん違うものです。

 若さのエネルギーを受けながら、

中年の私も頑張らなくては・・と思います。

 

 

 

 

 お届け中!

 皆様からの支援物資が少しずつ届き、

本日は二度に渡って、被災地にお届けに

行って参りました。

私の友人が場所を地域の方々にご提供下さって、

(それまでは泥のかき出しと清掃で大変なところを

綺麗にしてから、本日オープン!)

そこに、物資を置き、フリーでそれぞれが必要な物を

持って行って頂けるスペースです。

押し付けのように個々にお届けするより、ずっと良い感じです。

早速、地域の方々が次々と集まっていらして、

笑顔で喜んで、物資を手にしていらっしゃいました。

近くのスーパーも全滅し、

車という移動手段がなければ、

ご高齢の方々などは、本当に生活に困ることばかりです。

家は、一階は使えなくて、お水も出なくて、

日用品どころか食べ物、飲み物もなかなか

手に入れられない状況を、少しでも改善できるよう、

支援を呼びかけて、全国からたくさんの応援が届くと

本当に嬉しく、また有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 そして、直接そこで、被災した方々から、今必要なもの、

今足りなくて困っているものをお聞きすることが

出来ますので、それをまたお伝えさせて頂きます。

 こうやって、お互いの顔を知ることはなくても

全国の方々が、困っている方々のために

寄せて下さったその温かい想いが、多くの方々を

笑顔にし、ひとときでも幸せを感じさせてくれる

というのは、本当に素晴らしいことだと思います。

 明日も元気に皆様からの愛をお届けに参ります!

皆さま、本当にありがとうございました♡