2019年12月03日

 古今無二路( ここん にろなし )

 時々、進む道に迷いがあったり、

周りを気にしていないようで、心のどこかでは

実は気にして、自分の軸がブレかけたりすることは

誰にでもあるもの。

そうなりそう〜と思った時や、あっブレてる!ブレてる!

と気づいた時に、しっかりと今いる場所を確認し、

自分の本当の気持ちを確かめて、今、目の前にあることを

丁寧にやっていけば大丈夫。

 『古今無二路』(ここん にろなし)

昔も今も、道は一筋。

たとえやり方は違っても、賢者の行く道はただ1つ。

今、目の前にある自分のやるべきことを

黙々と取り組み、その積み重ねが人生を作っていきます。

 そして、そのやるべきこと、というのは、

やらされていることではなく、自分がやりたいこと、

というのがベストですね。

でも、私もそうですが、自分の本意とは別に

やらなければいけないことがある場合は、それを

黙々とやり、そして、それだけにしないこと。

自分の本意のものもちゃんと用意しておいて、

バランスをとることが大事です。

たとえやることが増えたとしても、アンバランスで

気持ちがゆらいで軸がブレるより、ちょっと

頑張っても、これがあるからこそ、大変なことも

こなせる、というものがあった方が、

まっすぐにその道を進んでいけます。

だから今を知ること。

自分を知ること。

そして今を生きること。

 難しく考え過ぎないで、心を解きほぐして

一路を進んで参りましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 

 相手に期待しないということは、相手を尊重するということ

 人間関係の苛立ちの1つの原因として、

相手に期待し過ぎている、ということがあります。

親子の場合、子どもに親の過度な期待をかけると、

子どもはそれがプレッシャーとなり、かなりの

負担になってストレスを抱えてしまいます。

親は親で、子どもが自分の思うようにやらないので

イライライライラ・・・。

子どもは親の所有物ではないですし、

しつけはしなければいけませんが、

コントロールしようとしてはいけません。

 夫婦や身近な家族の場合、このぐらいやって当然でしょ、

という期待が、すれ違いを引き起こします。

他人でも、こういう風にやってほしいという期待を

強く持つと、その思い通りにならなかった時に

苛立ちを感じるのです。

他人は思った通りには動いてはくれない、

と最初から思っていた方が楽。

バックグラウンドも、価値観も考え方も違うのですから。

相手に期待しないというのは、その方の価値観や

考え方、信念を尊重するということ。

決して相手を低く評価しているということではありません。

相手を認め、それぞれの違いを理解していれば、

コミュニケーションや人間関係もスムーズになります。

 相手の言動にイライラしていませんか。

 相手の存在をしっかり尊重していますか。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊「 夢の音読 」

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→