2020年01月29日

 夢ややりたいことが見つからない時

 夢や目標を掲げると言っても、

その夢が何か分からない、やりたいことが

よく分からない時はどうしたら良いのでしょう。

というご質問を時々頂きます。

そういう時は、自分の好きなこと、自分が心地よいと

思うことは何かな・・

とまず、そこから確認してみることです。

今、何かに特に興味があるわけでもなくても、

昔こんなことが好きだった、というところから、

何かヒントを得られるかもしれませんし、

昔好きだったものには、今全く関心はないけれど、

自分にしっくりするものは今はこれだな、と

分かったら、そこからまたぴったりなものを

見つけられるかもしれません。

 そして、色々な刺激を得てみることです。

日頃、な〜んとなく過ごしていたり、

ただただ、言われるがままのお仕事をしていたり、

期日までに終わらせなければいけないために

仕方がなく目の前にあることを済ませるようにしたり、

普段と変わらないルーティーンでやっているままだと、

何の刺激も得られません。

 ですから時々、意識的に刺激を受けることはオススメです。

本を読んだり、映画を観たりするのもOK。

自然に触れたり、海を眺めたりしてもよし。

とにかく、五感をフルに使ってみて、その感覚を大事にし、

そして、その心の動きも大切にします。

 人は、いつもポジティブでいるわけではなく、

時にはネガティブな感情をもつこともありますが、

その両方を知っていると、そこから、

自分自身に聞いてみて、「本当はどうしたいのか」

「何を求めているのだろう」「何がしっくりするのかな」

「ネガティブな感情にならないようにするのには

何を大事にしていたら良いのだろう」

など、自分の気持ちを確認してみることで

やりたいことが見えてくるかもしれません。             

自分の本当の気持ち、大事にして参りましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→