2020年01月31日

 五感で味わうHYGGE(ヒュッゲ)

 以前もデンマーク語の「HYGGE」(ヒュッゲ)について

ブログに書いたことがありましたが、

先日、渋谷で行いました出版記念トークショーで、

自分の周りを心地よい状態にしておく、

と言うことをお話していました時に、

ナビゲートして頂いていました本のソムリエ団長さんが、

「ヒュッゲですね!」と言って下さいました。

そうです!!と私の心の中で盛り上がったのですが、

限られた時間であったこともあり、そのヒュッゲについて

詳しくお話することができませんでした。

もしかして「ヒュッゲ」って何?と思われた方も

いらっしゃるかもしれませんし、

私の好きな感覚でもありますので、

本日改めて書かせて頂きますね。

 実は「ヒュッゲ」を日本語にすると?と問われても

感覚的な言葉であるため、訳せないのです。

「心が安らぐこと」「満ち足りていること」

「お気に入りの物に囲まれて幸せを感じていること」

「人との温かい繋がりで幸福を味わうこと」

「大好きな人と一緒にいること」

こういう感覚をデンマーク語でヒュッゲと言います。

私が一番大切にしたい「心を満たす」ということなのです。

 いつもお伝えしていますように、

他人に満たしてもらうのではなく、

自分で自分の心をまず満たすこと。

そのためには、どうやったら満たすことができるのかを

知っていること。

 そこで意識したいのが五感です。

五感はヒュッゲの大事な要素。

味覚:ヒュッゲなお味は、刺激的なものより、

   どこかホッとするもの。

   口にすることで温かみを感じるものです。

   もちろん私にとっては甘いもの。

聴覚:静寂の中にも、かすかに聞こえる自然の音。

   鳥のさえずりや、風に吹かれて揺れる木々の葉の音。

   静かに流れる心地よい音楽も良いですね。

臭覚:匂いをかいだ瞬間に安心を覚える感覚。

   子どもの頃を思い出すような懐かしい香り。

   お料理のにおいもまた良いかもしれません。

触覚:ふかふかの毛布。

   手に触れる陶器の温もり。

   やさしいハグも落ち着きますね。

視覚:やわらかな光。

   美しいお花。

   心がほっこりするお気に入りのもの。

そのように、本当に満ち足りた気持ちでいられるよう

意識するだけで、幸福度がとても上がります。

そして一番大切なのはヒュッゲを感じることなのです。

 あなたの安らぐ心は、何を大切にしますか?

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→