2020年02月22日

 五感を大事にしながらアンテナを張る

 昨日の日本料理店での研修で、心得の1つとして

典座教訓からきている、五味・五法・五色のことを

お伝えしたのですが、日本人は奇数を吉数と考える

ところから、「五」という数字にまつわるものが

たくさんあります。

 また、五感もお食事をする上で大切な感覚ですが、

お食事だけでなく、常に五感を大事にして、そして

アンテナを高く張っていますと、第六感まで冴えてきます。

 私たちは、目に入るもの、聞こえてくる音や声、

漂う香り、思いがけない、あるいは心地よい触覚、

お食事やデザート、飲み物などのお味などから、

とても多くの情報を受け取っています。

意識的なものから、無意識に入ってくるものまで

様々ですが、そこに必要なサインが隠されているかも

しれません。それを上手にキャッチするためには、

やはり、常にアンテナを高くしていることが大切。

外からの一見何気ないようなものでも賢くキャッチし、

また、得たものを瞬時に生かせる感覚を持つことも

大事です。

 自分の感覚というのは、日頃意識していなければ、

何となく過ごしてしまいますが、磨けば磨くだけ、

研ぎ澄まされるはず。

こういうものを見た時にとてもワクワクする、とか、

この音がとても心地よくて好き、とか、

これを味わうと究極の幸せを感じる、とか、

この何とも言えない香りに癒される、とか、

この肌触りが大好きでとても落ち着くなど、

自分の感覚と感情をセットで理解していると、

それらをより大事にできますし、

積極的にその感覚をもつことで、波動も高まります。

 今日お庭に出た時に、雨上がりの空気がとても

優しく感じられ、心穏やかになりました。

 頭で考えるだけではなく、

「感じる」ことを大切にして、しっかりとその感覚を味わい、

心をより豊かにして参りたいですね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→