2020年04月11日

 与える心

 いわき市内のスーパーでは、また棚から

ハンドソープが全く無くなってしまっているのには

本当に驚きました。

どうしてそうなってしまうのでしょうか。

立て続けに数人が購入していると、不安になり、

必要以上に、買わなくてはいけないという衝動にかられ

ついつい手にしてしまうのでしょうか。

実際にどのような状況で棚から無くなったのかは

見ていませんので、何とも言えませんが、

人間の心理というものは、冷静さを失うと

不安の方が勝り、連鎖反応のように行動してしまう

のかもしれません。

 今の日本は特に、政治的強制力を持たない状況である分、

本来、愛ある日本人として、お買い物に限らず、

様々な日々の行動の中で、一人一人の意識が求められ、

自分を守り、大切な人を守り、社会を守れるよう

心がけていかなければいけないのだと思います。

 私は特定の宗教を持ちませんので、時には仏教を

時には神道を、時にはキリスト教の教えを参考にし、

人として生きていくのに、役立つと感じたならば、

取り入れておりますが、

新約聖書の中にこのような表現があります。

「愛は寛容であり、愛は親切です。

また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、

人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、

すべてを耐え忍びます。

愛は決して絶えることがありません。」

 この世に生を受けた時は、親からの愛を注がれ、

誰もが愛や喜びに満ちていました。

次第に環境や教育、関わる人たちによって、

その愛の形や考え方、捉え方が変わっていき、

愛そのものも忘れてしまうこともあるのかも

しれません。

でも、人は1人では生きてはいけないのですし、

自然の中で、この地球の中で生かされているの

ですから、思いやりや愛、与える心を持って

生きていくことができたら、より良い世の中に

なるのではないかと思うのです。

一人一人の小さな優しい思いが、

地球全体の大きな愛になりますように・・。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→