2020年05月22日

 思いやりの心を持つために

 「思いやり」って何?と問われれば、大体どなたでも、

お相手の立場に立って気持ちを理解しようとしたり、

その気持ちを尊重すること、優しい心を持つこと、

というのは認識していることだと思います。

でも、このような人の気持ちというのは、基準を明確に

することは出来ませんので、何を持って「思いやり」と

言うのかは、やはり、それぞれの価値観によって

異なるものです。

ただ、「思いやり」があるということを感じるのは

お相手なので、やはり、自分中心に物事を考えたり、

善意を押し付けてはいけませんね。

 ですから、まずはお相手のことをよく見て、

どのような気持ちでいるのかを理解して、

お話によく耳を傾けること。

そしてお相手の気持ちに沿ったリアクションを

することが大事です。

そうすれば、喜びも辛さもその心情に寄り添う

ことができるからです。

 そして、もしたとえ的外れなことを言っていたと

しても、決してそれを批判せず、お相手の意見や

気持ちを尊重することも大切。

また、お相手によって態度を変えるということは

絶対に避けたいことです。

この人と仲良くしておくと得だからとか、

この人のお話を聞いても何の得にもならないとか、

そのような損得勘定はいけませんね。

 誰に対しても謙虚であり、

感謝の気持ちを忘れないこと。

そして、いつも笑顔でいられるように

自分自身の心のゆとりを持つことも大切です。

ストレスや疲れが溜まってイライラしていたり、

心の状態が不安定だとしたら、

お相手の気持ちを察したり、寄り添ったりする

ことがとても苦しくなってしまいますから・・。

 誰に対しても同じように「思いやり」の心を

持てるように、心穏やかでいるためには、

自分自身を整えることも、とても大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.6

〜心美しく生きるために〜 を公開しました。

私の大好きなサム・レヴェンソンの詩

オードリー・ヘップバーンが愛した詩としても

有名な素敵な詩を朗読しています。

(日本語訳全文と一部英語原文)

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→