2020年10月01日

 仲秋の名月と満月のエネルギー

 10月1日は「仲秋の名月」ですね。

そして10月2日の朝に満月を迎えます。

今年は満月になるのが少しずれるために

2日間に渡って地上に注ぐエネルギーを受けられる

と思うと何だかお得感があるかもしれません。

 もともと十五夜は秋の収穫に感謝を捧げる日で、

ススキをお供えするのは、稲穂に見立てているからです。

お米が大切である日本の伝統的な大事な行事ですね。

そしてそれを収穫する前に、その豊作を願う意味があり、

実を結ぶ前の予祝として感謝します。

 予祝って古くからあったのですね。

良いことが起こる前から感謝をしお祝いする。

そうすることで実際に良いことを引き寄せるのです。

先日、YouTube『エクラの風』でも

「思い込みが現実をつくる」→Vol.29

心が現実をつくっていくというお話をしました。

プラスの思い込みをすれば、現実もプラスになってきます。

理想の未来を想像し、実際にもう実現したかのように

そのことを喜びお祝いすると、それが現実になって

いくのです。

 日本人は昔から祈りと感謝を神様に捧げることは

習慣としてやっていましたが、

現代の私たちも、同じようにお米を頂くわけですし、

同じように美しい月を眺めることを好むのですから、

やはり感謝の気持ちは忘れずに持っていたいものです。

 そして満月のエネルギーを有り難く受け取って、

豊かさや幸せを手にしたいですね。

そのためには過去に囚われずしっかりリセットすること。

新しい月、神無月にもなりましたし、

今をしっかりと見つめ、過去の自分を解放し、

未来の理想の姿を明確にイメージしてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.29を配信いたしました。

私たちが無意識のうちに思い込みをつくり、

枠にはめてしまっている現実と、思い込みというものを

プラスに使っていく勧めをお話しております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→