2020年10月05日

 自分の感情は自分で選んでいる

 私たち人間には様々な感情がありますが、

怒りやイライラする感情が湧き出た時というのは、

他人が原因だと思っていることが多くあります。

さっきまでは穏やかな気持ちでいたのに、

あの人がこういうことをするから、怒りの感情が

湧き出てきた、とか、

やって欲しいことを思い通りにやってくれないから

イライラした、など・・。

そのように考えてしまいますと、常に誰かのせいにして

生きていくことになってしまいます。

でも本当は「自分の人生の責任は全て自分にある」

はずなのです。

 ですから、他人のせいでイライラした、のではなく、

自分でそのイライラするという感情を選んでいるということ。

その出来事が起きた時、違う感情も選べたわけです。

 もし、他人との関わりの中で、負の感情が湧き出てきたら、

ふと立ち止まって、今、自分はイライラすることを選んだ、

と少し客観的に向き合ってみましょう。

そうすると、少しそのもやもやする感情が落ち着くかも

しれません。

怒りであれば、それが頂点に達する事なく、抑えることが

できます。

 でも、出来ることならば、

何かお相手との間で意に沿わない出来事が起きた時、

その負の感情が湧き出てくる前に、

一旦深呼吸するなり、立ち止まって冷静になることで

ワンクッションを置いてみたり、

意識を別のところに向けてみると良いですね。

 プラスの感情もマイナスの感情も

自分が選び、その選択は自分に責任があるのだと分かると、

どのようなことがあっても他人のせいにすることなく、

また、それを引きずることもなく、

自分らしさを取り戻すことができるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.29を配信いたしました。

私たちが無意識のうちに思い込みをつくり、

枠にはめてしまっている現実と、思い込みというものを

プラスに使っていく勧めをお話しております。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→