2020年10月14日

 制限のある中で工夫する

 今までとは違う制限を強いられた時、

人のマインドは2つに分かれます。

今までのことに執着したり、過去と現在を比べて嘆き、

その不満を言うばかりで何もしない人と、

限られた中で工夫しながら、どんどん進化していく人。

他人に迷惑をかけるのでなければ、

(時々、溜まった不満を別の形で周りに攻撃するように

吐き出したりする人もいますが・・)

それぞれの生き方なので、良し悪しのジャッジをすることは

できません。それでも、少しでも明るく心地よく

人生を送ろうと思っているのであれば、後者の方が

限られた中でも自由を見出せるはずです。

 工夫をするということは、考えるということ。

与えられたその制約の中でも出来ることというのは

必ずあるはず。それを見つけていくためには、

柔らかく自由な発想と、ポジティブなマインド、

そしてフットワークの軽さが重要です。

どのような時もそれは同様ですが、このコロナ禍においては、

特にこの2つのマインドタイプは、はっきりと分かれて

しまいますね。

 本日は、約一年ぶりかしら。とても久しぶりに

知人によるピアノコンサートに出かけて参りました。

コンサートなどの音楽会や舞台が軒並み中止になって

いましたが、少しずつ、できる範囲内で世の中も

動いているようですね。

やはり工夫が大切です。

不安に思う方も多くいらっしゃいますが、

何もしないでいたら、進化はありません。

工夫をすれば、出来ることは沢山あります。

そして音楽などの芸術というのは、私たち人間にとって、

生活する上で絶対に必要なものではないかもしれませんが、

生きていく上では重要なものだと思うのです。

豊かな心を育むため、思いやりのある心を持つために、

昔の人たちも芸術文化に触れ、親しんできました。

様々な制限がたとえあったとしても、それを全て

断つ必要はないはずです。

 今日のテーマはプロコフィエフ。

難しい曲もありましたが、ピアニストの方が

丁寧に解説を加えて下さってとても分かりやすく、

素敵な演奏会でした。

限られた時間で工夫が凝らされたプログラム。

きっと聴衆の皆さまの心の奥まで響き、明日に向かって

希望とエネルギーがみなぎってきているのではないかと

思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.31を公開いたしました。

「脳疲労を解消する ベスト5」です。

やることが多すぎたり、情報過多の中、

私たちの脳はストレスフルで脳疲労の状態に

なってしまいがちです。

少しずつでも解消していけると良いですね。

是非、ご覧くださいませ。→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→