2021年02月22日

 カラーセラピーの効果

 あなたは何色が好きですか?

今日のお洋服は何色を選びましたか?

今日選んだ色というのは、必ずしも一番好きな色、

と言うわけではないと思います。

その日の気分や体調、お天気などによっても

左右されるからです。

 今日は久しぶりにカラーのお話をしますね。

フラワーセラピーをする上でもカラーはとても

重要な役割を果たしますし、パーソナルカラーを

知ることによってもセラピー効果を期待できるのですが、

カラーセラピーというのは、古代文明の時代から、

中国やエジプトなどで取り入れられていて、

古い歴史があります。

主に病気の治癒や苦痛を和らげるために

その症状によって効果的なカラーが

ベッドやそのお部屋などに使われていたそうです。

現代の科学的な実験によっても、

赤い色は体を温めたり、明るい気分にさせ、

青い色は血圧を下げたり、心を落ち着かせる効果がある

というのが立証されていますので、

カラーを効果的に日常に取り入れることは

より良い心身の状態を保つことにもつながります。

 色は光であり、目から入ってくるその色の光は、

神経系や内分泌系を刺激して、心に強く影響しています。

ですから、落ち込んでいる時にはあえて明るい色を

近くに置いたり、身につけてみることで、

気分を上げることができますし、グリーン系や青系の色は

心を静かに落ち着けたい時に効果を発揮するのです。

他にも、黄色は消化の促進、紫は感受性を豊かにしたり、

直感が冴えたりしますし、白は呼吸を整えやすくなり、

柔らかいピンクは脳を活性化し、顔色を生き生きとさせ、

気持ちを和らげたり、幸せな気分になる効果もあります。

 私はピンクが好きなので、これから春色としても

お洋服などで活躍しそうで、効果的にまた取り入れて

いこうと思っております。

 あなたが無意識に取り入れている色も、

潜在意識からのメッセージ。

その色に改めて意識を向けてみますと、

自分自身の内面とのコミュニケーションになり、

今の状態を知るヒントになるかもしれません。

ぜひ、気軽に日常に取り入れてみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→