スタッフブログ

 セレンディピティ

 『セレンディピティ』 私の一番好きな言葉です。

ひとことで言うと、「偶然をとらえて幸運に変える力」のこと。

セレンディピティという言葉が初めて使われたのは、18世紀の英作家ホーレス・ウォルポールが友人の

ホーレス・マンに送ったお手紙の中で、「おとぎ話〔セレンディップの三王子〕を読んで感銘したので、

偶然による大発見をセレンディピティと呼ぶことにしよう」と提案したところからなのだそうです。

 偶然による大発見は、ノーベル賞を受賞された方々がよく例で挙げられたりしますが、これは、常に

将来のビジョンを描き、更新し、努力を惜しまないからこそ、小さなことも見逃さず、素晴らしい発見に

繋げることができたからです。

今年、ノーベル医学・生理学賞を受賞された大隈良典氏は、細胞の基本的な仕組みの中でも大切な部分の

オートファジーの仕組みを解明されました。医学・生理学賞は「最も重要な発見をした人」にしか与え

られないため、研究の対象が「発見」に限定されているのですから大変な偉業だといえます。

 でも、この幸運を引き寄せる能力『セレンディピティ』はノーベル賞を受賞されるような素晴らしい

方々だけが持っているのではありません。誰でもその力を持つことができ、幸運として捕らえることが

できるかどうかは本人の努力次第なのです。

私も常に視野を広く持ち、アンテナを高く立て、小さなことでも見逃さず、そしてそれを行動に繋げられる

よう、これからも努めて参りたいと思っております。

 実は過日、香水ショップで好きな香りを調合して作った私のオリジナル香水の名も『serendipity』。

たまにはちょっぴり香水の力も借りて、偶然の幸運に出会えるかしら?・・と想うほど、そのぐらい

大好きな言葉です。