スタッフブログ

 紅茶の日

  霜月。今年も残すところ後2ヶ月となりました。早いですね。

本日、1日は『紅茶の日』です。お紅茶好きの方はご存知だと思いますが、簡単に説明しますと・・・

 江戸時代、船による荷物運びを仕事としていた「大黒屋光太夫」という人がいました。伊勢の国の港を

出発した彼はすぐに遭難をしてしまい、7ヶ月近く漂流して、アムチトカというロシア領の島に不時着。

4年間もそこで過ごした後、帰国を求めてカムチャッカ半島へ。しかし日本が鎖国をしているため許可が

おりず、そこからシベリア横断をしてサンクトペテルブルクまで移動したのです。その時はもうアムチトカ

漂着から8年もの歳月が流れていました。そこで、ようやく皇帝謁見が叶い、帰国の許可が下ります。

そしてペテルブルクを離れる直前の1791年11月1日、光太夫はエカテリーナ2世のお茶会に招かれ、

日本人として初めて本格的な紅茶を楽しんだと言われています。

このことから、日本紅茶協会が11月1日を「紅茶の日」と定めたのです。

長い間、帰国を諦めずにいた苦労や、エカテリーナ2世の文化的事業に協力するなどの功績を考えながら

お紅茶を頂くと、またいつもと違う味わいになるかも知れません。

 寒さが増していますこの頃。どうぞ皆様も美味しいお紅茶を入れて、ホッと心温まることが出来る

時間を作ってみて下さいませ。是非、お気に入りのティーカップで・・・