スタッフブログ

 暗唱の大切さ

 当教室では、学生の皆さんにかなりの量の暗唱をしてもらいます。英語教室では、教科書丸暗記や様々な

良いセンテンスを覚えてもらい、国語脳トレーニング教室では、古文、漢文、近代文などを暗唱します。

子どもの暗記力というのは素晴らしいもので、国語脳トレーニング教室では特に、古語の意味がわからな

くても、あっという間に覚えてしまうので、実はとても感心していて、こちらが楽しくなってくる程です。

 英文はたくさん覚えていれば覚えている程、脳があたかも自分の言葉のように良い意味で勘違いをし、

英作文が楽になるだけでなく、スピーキング力、更にはリスニング力もアップします。

そして、古典や近代文を覚えると、美しい日本語の表現やリズム、流れのある文章が身体に染み込み、

また、脳の記憶するメカニズムが発達して、他の教科の暗記までもがとても得意になります。

ですから、生徒さんたちには出来るだけたくさん覚え、反復し、活用してもらっているのです。

 ただ・・大人になるとどうでしょう。 これが、なかなか大変です。

もちろん、暗記が得意な方もいらっしゃるとは思いますが、実は私、今、ある書籍の4ページ分を丸暗記

しなければいけなくて苦戦中。一字一句を正確に覚えるとなると、1ページ覚えて、よし!2ページ目、

と進むと、さっきまで覚えていた筈の1ページ目があやしくなってくる・・という状態なのです。

やはり私の師も、この4ページをきちんと覚えて自分のものにすることが大事だと仰います。

学生さん達にはたくさん宿題を出すのに、この暗唱の宿題を課せられた私は、年齢とともに低下する

記憶力と目下必死に向き合い・・・明日、テストです。 頑張ります!!