スタッフブログ

 心と身体との対話

 先日22日は二十四節気の「小雪」でしたが、今日、本当に雪が降り、驚きましたね。まだ11月だという

のに吐く息が白く、底冷えのする1日でした。

寒さの苦手な私は全身が縮まり、筋肉も固まってしまうようです。今日は特に寒かったにしても、これから

寒さが増してくると思うと、少々気が重くなります。そのような時には楽しめるようなことを考えるのが

1番! 冬のファッションコーディネートはいつもより明るめにしてみるとか、お洒落なブーツを履いて

みるとか、冬限定の美味しいスウィーツを頂くとか・・・。

でも、縮こまってしまった身体はもう全身ストレッチするしかありません。 そして、自分の身体と対話

することが大事です。マッサージやストレッチをすることにより、自分自身に触れ、よく知ること。

お肌の乾燥や背肩のこりなど、調子が悪いところを見つけて、それに早く対処すれば、ひどくならずに

済みます。あるいは調子が悪いところが無いと分かれば、健康を保ち続けられます。

そして意識を向けられた箇所はそれだけ細胞が活性化しますので、心の声も届きやすくなります。

同じように自分自身の心ともしっかり向き合うことも重要。自分が今本当に大切にしたいものは何か。

本当にやりたいことは何か。やらなければいけないことではなく、「今の想い」をしっかり認識するが

大切なのです。

ですから、1日1回は、今の自分の心と身体に向き合って対話する時間を是非作ってみて下さいませ。

 こんなに寒くなった今日、私の目下の楽しみは夜のバスタイム。

リラックスしながらゆっくりと「今の想い」に向き合える大切な時間でもあります。