スタッフブログ

 花言葉「思いやり」

 とても素敵なポインセチアを頂きました。別名クリスマスフラワーとも呼ばれ、クリスマスを彩る

代表的な観葉植物です。花びらのように見えるものは、苞葉というもので、お花はその付け根の部分に

小さく蕾のようについています。

原産はメキシコと中南米。アメリカの初代メキシコ公使であったJ.R.ポインセット氏がメキシコから

持ち帰って広く知られるようになり、彼の名に因んでつけられた名前です。原産国メキシコでは、

「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれています。

頂いたものはポインセチアの中の「プリンセチア」というもの。プリンセスのような華やかな印象と

ポインセチアを組み合わせて名付けられたようです。とても可愛らしいネーミングですね。

 そして花言葉は「思いやり」。

お花や植物は、見ているだけで気持ちが和み、癒される存在です。更にそれに素敵な花言葉があると

知ると、一層穏やかな心持ちになって参ります。

「思いやり」を持つことは、お仕事でもプライベートでも、人と関わる限り、とても大切なことです。

マナーの基本もお相手を思いやり、尊重する心から成り立っています。

常にそれを忘れずにいることがもちろん大事ですが、忙しい時、疲れている時には、お花や植物などの

自然の力を借りて、心を穏やかな状態にしてみるのも1つです。

お家にお花を置けなくても、フラワーショップをちょっと覗いてみるだけでも全然違います。

これからクリスマスシーズンで、お店も一層、彩り鮮やかになるでしょうから、通りかかりましたら、

是非、足を止めてみて下さいね。