スタッフブログ

 SMAPのおじぎ

 SMAPの年内解散が決まり、多くのファンがショックを受け、ファンのみならず、残念に思う方たちも

大勢いらっしゃることと思います。

 本日はTV番組内でSMAP最後の歌が流れていました。

これまで幾度となく耳にした「世界に1つだけの花」。今日の歌声はまた特に心に響くものでした。

そして、それぞれの想いを胸に歌い終えた後のおじぎは『拝』。

 ビジネスシーンでのあいさつの種類の傾き角度には、4種類あります。

15度の『会釈』 人とすれ違うときや軽いあいさつのとき

30度の『普通礼』いわゆる普通にあいさつをするとき

45〜60度の『最敬礼』一番丁寧なおじぎで感謝するときやお詫びをするとき

そして90度の『拝』普段のビジネスシーンではあまり使われず、神社祭式で一番深い敬礼です。

 実際にやってみると分かるのですが、90度身体を曲げるというのは、かなり傾けている状態です。

SMAPはこれまでの25年間の感謝の想いと、解散というかたちになってしまったお詫び、様々な気持ちで

この深いおじぎを長い時間していたのだと思います。

 あいさつ同様、おじぎはお相手への敬意や感謝、想いを表すもの。

どのような種類のおじぎでも、背筋を伸ばすことは忘れずに、心を込めて身体を傾け、その時の想いを

伝えられたら素敵です。