スタッフブログ

 物の持ち方

 その方の人間性が表れることの1つに、物の持ち方や扱い方があります。

お食事をする時のお箸やカトラリー、文字を書く時のペン、外出する時のかばん、ビジネスでは

書類の持ち方や受け渡し、名刺交換での名刺の扱い方・・など、例をあげればきりがありませんが、

私たちは1人でいる時も、どなたかと一緒にいる時も、常に物を持っていたり、接していますので、

その状態に慣れてしまっていますと、そこに意識が向かなくなってしまいがちです。

でも、物を丁寧に扱ってこそ、その周りの空気を心地よくさせ、一緒にいる方に不快な思いをさせる

こともなくなるのです。

 本日、東京での勉強会でコートを預けました際、クロークの方たちのそれぞれの違いを感じました。

もちろん、まずは何でも優しく持つということが基本。ですから、コートをお願いする私たちの方も

同様です。そこで、預ける側と、預けられる側の心地よさが左右されます。

それ以前に、コートを脱ぐ時の脱ぎ方から、その場の空気を作っているとも言えます。

寒い冬、預ける預けないに関わらず、人前でコートの着脱をする機会が多くありますが、スマートに

出来ると素敵です。

 マナーの中には、物をどのように扱うのが良いのか、と様々なルールがあります。でもそれは全て、

自分が恥をかかないようにするためのものではなく、一緒にいる方との心地よい場を作るための

最善の配慮であり、思いやりです。

ですから、物を持つ時の何気ない心配りが人間性となって表れるのです。

皆さまも、物の持ち方をちょっと意識してみて下さいね。