スタッフブログ

 動物的感覚

 アメリカの大統領が変わり、世界情勢も急速に変わり、そして、自然も人も、今、大きな変化の

時代を迎えていると言えます。

その中で私たちは、どのように暮らし、生きていくかをよく考え、様々な状況を見極めて、柔軟に

対応していかなくてはいけません。

そのような時、将来に対して不安ばかり持っていては、明るい先が見えてくることはありません。

大切なのは、人間としての原点に戻り、動物的感覚を研ぎ澄ますことです。

アンテナを高くし、気配を察知する。多くの情報をキャッチし、的確に処理する。

つまり、動物が、ここに餌となるものがありそうだな、と嗅覚を働かせて獲物を捕らえたり、

見えない身の危険を感じて、素早く逃げる、という感覚。

同じ哺乳類である人間も同様、この動物としての感性を豊かにすることが、これからの世の中では

とても重要なのです。

 本日は、私の師である上月マリア先生の奥深いお話をお聴きしましたので、そのほんの一部を

シェアさせて頂きました。

 どなたにもあるこの動物的素晴らしい感覚を、まずは皆さまも是非、活発に働かせてみて下さいませ。

世の中の捉え方の幅がきっと広くなることと思います。