スタッフブログ

 電車での心地よいマナー

 本日も用事があり、東京をとんぼ返りしましたが、常磐線特急ひたちに乗ると色々なことがあります。

以前にも書きました遅延は、本当に珍しくなく、今日も途中で40分程の遅れ。皆、慣れたものです。

 それはそうと、最近私が思うこと。

それは、座席に座る前に、私は必ず後ろの席のかたに向かって「少し席を倒させて頂いても

よろしいですか。」と声をかけるようにしているのですが、最近、そのような方が少し増えているような

気が致します。以前よりも、私自身も前の方に言って頂くことが多いように感じるのです。

長時間座っているわけですから、最初のひとことで、とても心地よい空間になります。

丁寧に言って頂くと、こちらも「どうぞどうぞ、しっかり倒してゆったりお座り下さい。」という

気持ちになるのですが、そのような方は、倒されるのも後ろへのお心遣いで控えめなのです。

逆に何も言わない方は、かなり後ろに倒されることが多いのは不思議なものです。

でも、声をかけて頂いて、あっ、大切なことだな、と思う方が次にはそのようにする・・という

連鎖が生まれれば、段々、皆が心地よく座っていられるのではないかと思います。

 以前このようなお話をしました時にある方は、ほとんどそのように声をかけて頂いたことがない、

と仰っていました。ですからお伝えしました。是非、ご自分がまずそのようになさってみて下さい、と。

そうすると、きっと前の方がお心遣いをして下さることが多くなる筈です。

そういうものだと思います。

 マナーはやはり、形ではないのです。思いやりです。

思いやりの連鎖が生まれると素敵ですね。