スタッフブログ

 増ゆ(ふゆ)

 お庭の花壇を見てみたら、黄色のクロッカスがたった1つ、ちょこんと顔をのぞかせていました。

びっくり。

もう何年も前に数十個を並べて植えた球根から、毎年春にお花が咲くのがとても楽しみなのですが、

普通はもう少し暖かくなってから。

どうしたのかしら? 1つだけ。

時々暖かい日があるので、慌てたのかな。

 「冬(ふゆ)」という字の由来の1つに「増ゆ(ふゆ)」があります。

寒い冬の土の下で、まだ姿が見えない植物が、種や球根の中で、日々、滋養を蓄えながら、

今か今かと、芽吹く季節を待っています。

そういう「増ゆ(ふゆ)」があるからこそ、待ちわびた暖かい季節にたくさんのきれいなお花が

私たちの目を楽しませてくれるのです。

 寒いので、とても苦手な冬ですが、「増ゆ」と思えば、春が見え、少しは寒さも吹き飛ばせるのかも

しれません。

そして私たち人間も同じ。じっと静かに、焦らず慌てず蓄えて、たくさんのお花を咲かせましょう。

 春はもうそこまで。

クロッカスは、春の訪れを告げるお花です。