スタッフブログ

 旅

 「月日は百代の過客にして 行きかふ年もまた旅人なり。」

松尾芭蕉の『奥の細道』は、国語脳トレーニング教室でも

子ども達と幾度となく音読をします。

江戸時代、松尾芭蕉が弟子を伴い歩いた長旅。

その江戸深川から東北、北陸を巡って岐阜県の大垣までの

道中を記した紀行文『奥の細道』が

本日頂きました山形のお土産の羊羹にも記され、それだけで

訪れた方と同じ空気を味わえるような気がして、嬉しいものです。

 旅。いいですね。

リフレッシュできるだけでなく、

視野が広がり、自分自身の世界も膨らみます。

日常とは異なる非日常の経験は、心の肥やしになり、一生の財産にもなり得ます。

 かといって、なかなかゆっくり旅にも出られない状況であれば、

素晴らしい紀行文や、お土産話に耳を傾け、気分だけでも味わいましょう。

「月日は永遠の旅人のようなもので、行き交う年もまた旅人だ。」

羊羹のほどよい甘さが

私を300年以上前の世界へと誘い(いざない)ます。