スタッフブログ

 桜始開(さくらはじめてひらく)

 今日から29日まで、七十二候の『桜始開』(さくらはじめてひらく)。

今年の桜前線は21日に東京からスタートし、

次々と開花宣言されていますので、暦通りという感じです。

いわきは開花予想が4月に入ってからなので、もうしばらく

お預けですが、いずれにしましても、日本人皆が満開の桜を

心待ちにする季節になりましたね。

 夢のように美しく儚いこの桜は、夢見草(ゆめみぐさ)とも呼ばれ、

古来から日本人がどれほどの想いを寄せ、愛でるお花かということが

この別名からも伺えます。

 儚いからこそ、その美しさを存分に楽しみ、慈しむ桜。

多くの歌人が詠んでいるように、人生も同様です。

限られた人生、与えられた時間の中で、どのように美しく

過ごすことができるか。

それは決して見た目のことではなく、

どのように咲いていることができるか、というあり方を考えて、

実践していかなければいけません。

 これから咲く桜の美しい姿を眺めながら、

これからの自分自身の佇まいも考えて参りましょう。