スタッフブログ

 うっとり♡

 外国出身の方たちへの日本語レッスンをやっていますと、

本当に日本語は難しい・・とつくづく思い、毎回、気づきの多い時間を過ごします。

 本日はドイツ人の女性に。

彼女は先日、都内の様々なところに桜を見に行って、

とても感激したことを話してくれました。(英語でですが・・)

いわきの桜はこれからなので、待ちきれず、東京に足を運んだのだそうです。

外国の方たちだけでなく、もちろん私たち日本人も

桜を見て「うっとり♡」。

 この「うっとり」という言葉。

もとになった「うと」は「からっぽ」という意味の「うつ」が

変化したもので、この「う」と「と」の間に「っ」を入れることにより、

文の中に「溜め」を作り、話し手の思い入れの強さを伝えるのだそうです。

「あっけにとられた」という意味から次第に、

「魅力的なものに心が奪われるせいで理性が働かない」状態を

言うようになり、「陶酔」を表現するまでに。

(参考:『日本の言葉の由来を愛おしむ』高橋こうじ著)

 何気なく使っている言葉にも、日本人の心がしっかりと

込められていることを知ると、丁寧に使いたいなと思います。

「うっとり♡」するほど美しい桜。

もうしばらく楽しめそうですね。