スタッフブログ

 やってみなければ分からない

 書道家の金澤翔子さんが一人暮らしを始められて、

自立した生活を送っているご様子をテレビで見ました。

でも、ダウン症の方が1人で生活するのはとても大変なこと。

生活するということは、お料理やお掃除、お洗濯だけではなく、

他にも、やらなければいけないことが沢山あるからです。

ですから障害があるということで、一人暮らしをするのは

無理だと、何となく周りが決めてしまっています。

もちろん、安全性や生活能力などをきちんと見極め、

自立するというその意思があることなど、ある程度の条件が

整っていないといけませんが、それでも、やってみるからこそ

引き出されていく能力は、人間にはあるのですね。

翔子さんはもちろんのこと、お母様によるこの決断に感動致しました。

 私たちも自分自身の限界を、最初から決めてはいけません。

自分は大体この程度、という能力の限界を決めてしまえば

それまでかそれ以下でしかなり得ないのです。

 何でもやりたいと思ったことは、やってみなければ、

出来るか出来ないか分かりません。

まずは一歩を踏み出して、やってみる!ということが大事ですね。

 久しぶりにいわき市にある『金澤翔子 美術館』に

足を運びたくなりました。

東日本大震災の復興を願い作られた美術館です。