スタッフブログ

 「一流」とは

 「一流の人」と聞くと、何だか特別な人、限られた人、

自分とは遠い存在の人、と思われがちです。

もちろん、特別な才能を持っていたり、名家の生まれだったり

する方もいらっしゃいますが、決してそれだけなのではなく、

全ての人が「一流」になり得るのだと私は信じます。

 それは、自分らしくいる、ということを基本にし、そこから、

人間性や心のあり方を豊かにしていくことで、どんどん

魅力を増し、人として「一流」になっていくのです。

つまり、表面的に身につけたものではなく、

しっかりと内面が磨かれること。

自他への思いやりの心、感謝の気持ち、丁寧な言葉遣いや

振る舞いなどを日々の生活の中で忘れずにいること。

それがマナーであり、「一流」に結びつくことでもあるのです。

 ですから、経営者でも、会社員でも、主婦でも、学生でも、

誰でも皆、「一流」の人に・・・。

 人として魅力的な人こそ「一流」なのだと思います。