スタッフブログ

 敬語の使い方

 心地よいコミュニケーションをとるためには、まずお相手に

不快な印象を与えないようにすること。

つまり、声と表情がとても重要になります。

お互いが響きのある声とやわらかな表情でお話しできれば、

とても落ち着いた和やかな空気が生まれるのです。

そしてその上で、さらに言葉遣いが丁寧で、きちんとしていれば、

どのような場でお話しする時も、自信を持つことが出来ます。

ただ、これは一朝一夕に身につくものではなく、普段から、

そのようにお話をして使っていないと、意外と難しいもの。

 本日のマナーレッスンでは、「話し方の基本」「聞き方の基本」

そして、「話し方」の中では特に、敬語について、確認して頂きました。

お相手の行いに対して言う、尊敬語。

自分の行いに対して言う、謙譲語。

どちらも大切ですが、緊張したりしますと、使い方を間違って

しまいがちです。

 日常の会話の中でも、ビジネスでも、丁寧な言葉遣いと、

正しい敬語を使い、心地よいコミュニケーションが出来るのが

理想的ですね。