スタッフブログ

 学びは感動の中に

 とても感動していた小学生を見て、私まで感動しました。

今日、午前中の英語レッスンで、小学生の男の子の

かねてからの希望で、お茶を点ててあげました。

以前、日本の文化をトピックにしたレッスンの時に、

お茶筅で、シャカシャカシャカ・・とやってみたいと

言っていたのです。

でも、我が家には和室はあっても、お茶室はありませんし、

お道具が全て揃っているわけでもないので、もうそのまま

英語レッスンのお教室で、簡易的にただ、シャカシャカ・・を

体験するという目的でやってみました。

もちろん、彼もシャカシャカシャカ・・。

いかに綺麗な泡を作れるかと、お茶筅、初体験。

それだけでも、とっても嬉しそうにしていた彼ですが、

香りの良い出来上がりのお茶を、苦そうだけれど飲んでみようか、

なめるだけにしようか、やっぱりやめておこうか・・・

と散々悩んだ末に、一口、ゴクリ!

その時の喜びようは、本当にかわいらしかったです。

そして何と、美味し〜いと感動しながら、結局、全て

飲み干した彼の表情は、とても満足そうでした。

 正式な形とはかけ離れたものでしたが、体験という形の中で、

この大きな心の動きは、大きな学びになったと私は確信しました。

そして、子どもだけでなく、大人でも、

心を動かされるほどの経験というのは、自分自身の貴重な

学びと財産になります。

 感動することって、こんなに素適なことなのだと、改めて感じ、

私も、心が動く何かを常に探し続ける探究心と素直さを

いつまでも持っていたいなと思いました。