スタッフブログ

 好きではないことをする時は未来をイメージ

 なかなかまとまった時間をとれず、ずっと後回しにしていた

お庭のお手入れ。

それはもう、大変なことになっていました。

暖かくなった途端に雑草がぐんぐん成長し、伸び放題。

面白いことに、毎回、生えてくる雑草の種類が異なるのですが、

今回は、背も高くなり、茎も物凄く立派に太くなったものも

あったりして、手強い作業となりました。

 猫のひたい程の狭いお庭ですが、気合を入れてやらないと、

途中で嫌になってしまいます。

でも、気合いだけでもダメなのです。

作業は楽しくないし、手は酷使するし、足腰も段々疲れてきて、

マイナス気分ばかり。

そういう時は、ポジティブ未来をイメージするのが効果的です。

雑草がなくなったら、お花や木がもっと生き生きと見えて嬉しい。

お庭がきれいになったら、清々しい気持ちになって嬉しい。

お庭がきれいになったら、お部屋から眺めるのも楽しみになる。

お庭がきれいになったら、お客様にも気持ちよくご覧頂ける。

・・・など、未来のプラスのイメージをすると、そのためなら、

あまり好きではないことも、イヤイヤではなく出来るように

なってきます。

 お花の植え替えもして、作業が終わったのはギリギリ暗くなる前。

月夜の明かりだけでは全体が見渡せず、

明朝、さっぱりとしたお庭を眺めるのがとっても楽しみです。

 好きではないこと、なかなか手をつけられないことをやる時は、

まずは、それをやった後の未来の嬉しいイメージを!