スタッフブログ

 不完全だからこそ美しい

 マナーの根源には、自然と一体化した暮らしや生き方を

するという、自然崇拝の考え方がありますが、

自然は、私たちにとって、無くてはならないものであり、

人工だけでは、私たちは生きていくことが出来ません。

そして自然は過酷でもあり、美しくもあります。

とても美しい自然。

今は、木々が青々と生い茂り、色とりどりのお花が咲き、

私たちの心を落ち着かせてくれています。

でも、その自然、完全なものであるかというと、

決してそうではありません。

不揃いであったり、枯れかかっているものもあったり、

虫食いになっている葉もあれば、いくつものお花が

落ちてしまっているものもあります。

その全てを含めて、私たちは自然を慈しみ、

その不完全でありながら、調和された姿を美しいと感じる

のです。

ですから、人も同様に、

得意なこともあれば、苦手なこともあり、

自信がある時もあれば、無くなることもあり、

元気がある時もあれば、落ち込むこともあって、当たり前。

不完全だからこそ

もっと学ぼうという意欲が湧き、

もっと輝きたいという向上心を持ち、

そういう姿が美しいのだと思います。