スタッフブログ

 自分への質問は「良問」?

 どなたでも、自分に対して問いかけることは

よくあることと思います。

特にモヤモヤしている時や失敗してしまった時、

解決策がわからない時。

「どうして上手くいかなかったのだろう。」

「どうして私はこうなってしまったのだろう。」

「何がいけなかったのだろう。」

などと考え込んだり、悩んだり・・・。

でも、そのような質問だと、なかなか自分自身で

そこを越えることは難しくなってしまいます。

それは、上手くいかなかった理由を探しているから。

そうではなく、上手くいく理由を考える方が、断然、効果的です。

「どうしたら目標に到達できるのだろう。」

「失敗しない私なら、それをどのようにやったかしら。」

などと・・。

「やらなければいけないものの締め切りが過ぎてしまった!」

という時は、「どうして間に合わなかったのだろう。」ではなく、

「どうやったら、間に合ったかしら。」

「どのように進めると良いのかしら。」

「それが出来た私は、どのぐらい嬉しいかしら。」(おまけ質問)

と問いかけるのです。

そうすると、モヤモヤの気持ちがクリアになり、

解決策も見えてくるはず。

自分への質問。

ちょっとしたことですが、是非、工夫してみて下さいませ。