スタッフブログ

 完璧ではなく、最善を尽くす

  真面目な方ほど、完璧にしなくては・・と頑張ってしまいがち

ですが、いつでも完璧であることは不可能だと

最初から思っていれば、少しは気持ちも楽になります。

「完璧」を目標にしてしまうと、行動をあらかじめ制限して、

絶対にできるという範囲内でしか動かなくなってしまったり、

あるいは最初からやらない選択をしてしまう場合もあります。

そして、完璧に出来なかった時に、その失敗を責め、

自信をなくしてしまうのです。

 ですから「完璧」をめざすのではなく、

「最善」を尽くすことにエネルギーを注いでみましょう。

 完璧をめざさないのは。手抜きをすることとは違います。

それに向けて一生懸命に取り組み、足りなかったところは、

あとで埋めていけば良いのです。

 子育ても、家事も、お仕事も、手抜きをすると思うと

後ろめたさがあり、完璧にしなくては・・と追い込んでしまっては

苦しくなってしまいます。

 最善を尽くす。

それが完璧にするということから気持ちを解放し、

思い切って取り組むことができる秘訣です。

そして、完璧でなくても・・と思たら、

新しいことへのチャレンジも、軽い気持ちで、ぽ〜んと

出来るかもしれませんね。