スタッフブログ

 褒め合いのキャッチボール

 先日の花育授業の時もそうですが、

大人のレッスンでも、色々な形でお相手を認め、

言葉に出して「褒める」ということをします。

褒められて嫌な気持ちになる人はいなく、やはり、

どのようなことでも、認められるというのは嬉しいものです。

お互いを認めて、褒め合いのキャッチボール。

ですから、素敵だなと思ったら、それを言葉にする習慣は

日常でもあると良いですね。

 そしてもう1つは、素敵だなあ、と思った時だけでなく、

どのような人とでも、お会いした時に、まずはお相手の

良いところを見つける習慣。

そのためには、お相手に関心を持ち、良く見ることが必要で、

その上で、褒められる点をどんどん見つけていくのです。

そうするとコミュニケーションをとるのに、プラスの感情で

いることができるので、お互いにとっても心地よくいられます。

 他人を認めて 褒めて、 褒められて 自分を認める

 自分を認めて 褒めて、 他人も認めて 褒める

色々なスタイルの「褒める」がありますが、

上手な褒め合いのキャッチボールが出来ると良いですね。